クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『エルピス』「堅実で丁寧な報道」の危険性 “ほぼ出番なし”鈴木亮平の存在はいかに

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』第8話より
ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』第8話より(C)カンテレ

関連 :

鈴木亮平

長澤まさみ

 エンディング主題歌で映されたケーキの箱が指し示すように、パンドラの箱はふたたび閉じられた。長澤まさみ主演のドラマ『エルピス —希望、あるいは災い—』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜22時)の第8話が12日に放送され、「飲み込みたくないものは、飲み込まない」と言っていた浅川恵那(長澤)自身が、大きな波に飲み込まれ始めてしまった。

【写真】第8話では“ほぼ出番なし”だった鈴木亮平 ■“忖度”ではなく、あくまでも配慮です

 大洋テレビの看板アナウンサーに返り咲いた浅川は、経理部に飛ばされながらも真相を追い続ける岸本拓朗(眞栄田郷敦)と共に、10代少女の連続殺人事件で犯人とされた松本良夫死刑囚(片岡正二郎)の冤(えん)罪を証明しようとしていた。しかし“おちぶれた”立場だったからこそ自由に動けた以前と違い、今や局を背負う身となった浅川はがんじがらめだった。「NEWS 8」で扱うニュースにおいても、はじめこそ「それって圧力ですよね、“忖度(そんたく)”を強要されてるってことでしょ」と反発したものの、次第に自らを仮面で覆っていく。

 最初の事件時から現在までの足取りや、岸本の執念から行き着いたDNA鑑定の結果などから、大門副総理(山路和弘)の幼なじみで有力な支援者である本城建託社長の長男・彰(永山瑛太)が真犯人である線は、ますます濃くなった。だが、岸本が持ち込んだ情報を前に、「NEWS 8」は、「後追いならできるが、スクープとしては扱わない」と決定する。

 おそらく真犯人は彰だろう。証拠もどんどんそろっていく。恐ろしいのは、その真実が、岸本だけが信じて孤軍奮闘し、周囲には見えないものなのではなく、周囲も分かっていながら蓋をすることだ。さらには情報をセレクトして伝え、視聴者もそこに乗っかり流れていく…。

次ページ

■ほぼ出番なし “斎藤”鈴木亮平の存在はいかに

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv