クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

神木隆之介が30歳に 大病乗り越え歩み始めたヒット連発俳優への道 早すぎる“キスシーン”にも驚き

エンタメ

神木隆之介
神木隆之介 クランクイン! 写真:松林満美

 本日19日に30歳の誕生日を迎える、俳優の神木隆之介。現在は連続テレビ小説『らんまん』(NHK総合/毎週月曜〜土曜8時ほか)で主演を務めるなど、広い世代からの人気を得ている。この若さでありながら、既に芸歴は28年の大ベテランだ。そんな神木の芸能人生には、実は驚きのエピソードが。子役から現在まで常にトップ俳優として活躍し続ける神木について、掘り下げていこう。

【写真】祝・30歳! 神木隆之介のかわいい&かっこいい姿<フォトギャラリー>

■芸歴28年、ついたあだ名は“興行収入ハンター”

 2歳でデビューし、これまで幅広いジャンルの映像作品に出演してきた神木。俳優としてだけでなく、ジブリ作品など大ヒットアニメ映画の声優、というイメージを持つ人もいるだろう。神木の多くの出演映画について、興行収入の面で見てみると驚くべき“戦績”が浮かび上がる。

 5月16日時点の邦画歴代興行収入ランキングは、下記の通りだ。

1位『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
2位『千と千尋の神隠し』
3位『君の名は。』
4位『もののけ姫』
5位『ONE PIECE FILM RED』
6位『ハウルの動く城』
7位『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』
8位『崖の上のポニョ』
9位『すずめの戸締まり』
10位『天気の子』

 なんと神木は、この10作品のうち5作品に出演している2位の『千と千尋の神隠し』では、当時8歳の神木はわがままな赤ん坊の“坊”に無邪気な声を吹き込んだ。これが神木にとっての声優デビューとなる。3位の『君の名は。』では主人公・立花瀧の声優を務め、2016年の声優アワードで主演男優賞を受賞(ちなみに10位の『天気の子』にも瀧が出ている)。6位の『ハウルの動く城』では魔法使い見習いのマルクル役を11歳らしい元気な声で演じた。7位の『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』には俳優として出演。スリ常習犯の家族の長男を演じている。


 最後に、9位の『すずめの戸締まり』。主人公の友人・芹澤朋也役の声優を務めた。実は、神木はこの役を一度断ったことを過去のインタビューで明かしている。「(観客に)観ていただいたときに、『瀧の声が残ってるよね』『神木の声だよね』とすぐに思われると、芹澤として見られなくなるから、有り難かったけど、監督が大事と言うキャラクターでもあるから、僕じゃない方がいいと思ってお返ししました」(※1)と、同じ新海誠監督作品である『君の名は。』の瀧役を演じたことがネックの1つになったと語った。その後、新海監督の説得のかいあって芹澤役に臨んだ神木。結果、エンドロールで芹澤役が神木だったと気づく観客も多かったそうで、これを神木は「めちゃくちゃ嬉しかった」と振り返っていた。

次ページ

■芸能界入りのきっかけは“生後間もなく生死をさまよった過去”

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連情報

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る