『弟の夫』野間口徹が魅せた「引き算の演技」の凄み

エンタメ

『弟の夫』での演技力がSNSでも話題となっている野間口徹
『弟の夫』での演技力がSNSでも話題となっている野間口徹 クランクイン!

 「いろんな作品で見かけるけど、名前と顔がいまひとつ一致しない」…これは「名バイプレイヤー」と呼ばれる人たちの共通点の1つだ。バイプレイヤーたちが重宝され、認知度も高まるなか、依然として「知名度」ではなく「知顔度」の高いバイプレイヤーといえば、野間口徹ではないかと思う。

【写真】佐藤隆太、把瑠都、中村ゆり登壇 『弟の夫』第1話試写会 フォトギャラリー

 『SP 警視庁警備部警護課第四係』(フジテレビ系)で、岡田准一をストーカーのように監視し、ちょっかいをかける同期「公安の田中一郎」でブレイク。ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』にも、劇中劇『しまっこさん』の島の教育委員長役で出演している。

 また今クールは『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系/木曜22時)で、妊活に励む深田恭子と松山ケンイチ夫婦の住む集合住宅「コーポラティブハウス」の住人・小宮山真一郎をコミカルかつ切なく好演。「家族との時間を作りたい」という思いから、仕事を早期退職したものの、世間体を気にする妻・深雪(真飛聖)に邪魔者扱いされ、不満があっても、とりあえず妻に従っておく弱さ、情けなさをリアリティたっぷりに演じている。

 さらに、その演技力に強く惹きつけられてしまったのは、今月3回にわたって放送されたNHK BSプレミアム『弟の夫』だ。妻と別れ、娘と二人暮らしをする弥一(佐藤隆太)の家庭に、ある日、カナダ人男性のマイク(把瑠都)が訪ねてくる。マイクは、弥一の亡くなった双子の弟・涼二がカナダで「同性婚」した相手で…というストーリー。最初はゲイへの偏見から、どう接して良いかわからず戸惑うものの、徐々にマイクと「家族」になっていく心の動きを繊細に演じた佐藤隆太。また、ピュアでおおらかで、あたたかく、大きく、愛情深いマイクを魅力的に演じた把瑠都。そして、妙に心にひっかかってしまったのは、実は出番こそ多くないものの、余韻のある鮮烈な印象を与えた「カトやん」役の野間口だった。

 カトやんは、涼二の親友で、涼二から借りていたものを返したいといい、弥一のもとを訪ねてくる。マイクと一緒に過ごすうち、偏見を抱いていた自分の滑稽さに気づき、マイクのことを「弟の夫」と正直に紹介しようと考えるようになる弥一。しかし、弥一がそれを告げる前に、カトやんは「知ってるよ。涼くんのアレでしょ?」といい、マイクに挨拶すると、「一緒に紅茶いかがです?」と声をかける。そして、翌日、マイクと二人、新宿で待ち合わせてディナーをするのだった。実はカトやんは涼二の高校時代の唯一の「ゲイ友達」であり、思いは告げないまま、ひそかに涼二に片思いをしていたという。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access