クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

橋本環奈「将来に関しては無欲」 着実に仕事を重ねる現在地

映画

  • twitter
  • facebook
橋本環奈
橋本環奈 クランクイン! 写真:小川遼

 2016年に公開された初主演映画『セーラー服と機関銃 ‐卒業‐』で俳優として歩んでいくと公言して以降、数々の作品に出演し、中でもしばしば賛否を呼ぶコミックの実写化作品では熱い支持を集めてきた橋本環奈。最新主演映画では、ハードボイルド・アクション漫画の実写化『バイオレンスアクション』に挑み、ピンクボブのゆるふわ最強ヒットガールのケイとして、本格アクションを華麗に魅せている。映画『銀魂』『かぐや様は告らせたい』シリーズ、ドラマ&劇場版『今日から俺は!!』などのヒット作で着実にキャリアを重ね、今年はWキャストで主演を務めた初舞台『千と千尋の神隠し』も走り切った橋本。彼女は今後、どこを目指すのか。話を聞くと、「将来に関しては無欲」「目標や夢といったものは立てないようにしている」と飾り気のない答えが返ってきた。

【写真】デビュー時から変わらず透明感あふれる橋本環奈 撮り下ろしフォト ■ピンクヘアに「大丈夫かな」 日本映画初技術のアクションシーンには自信

 ケイのピンクボブ姿は、2月3日、橋本の23歳の誕生日に解禁された。SNSでも、「再現度が高い!」「眼福」と話題を呼んだが、これまでの橋本といえば、天使の輪が光る、黒いサラサラヘアのイメージだった。

 「ピンク髪は相当奇抜なので、正直『大丈夫かな』という心配もありました。でも実際ウィッグを付けてみるとハイトーンでかわいいので安心して撮影に臨むことが出来ました。普段は明るい色にするのも難しいので、ワクワクしましたし、楽しかったですね」とにっこり。そして何より、最強の“殺し屋”であることと、友達とBLの話で盛り上がったりといった、普通の専門学校生であるケイのギャップに惹かれたという。


 そのギャップを生かすも殺すも橋本のアクション次第だ。本編では、冒頭から、ワイヤーを使ったアクションがさく裂する。「アクションに関しては相当こだわりました。淡々と殺していくところが無機質のようで、でも決して心がないわけじゃない。その感じもすごく面白いと思いました」と振り返る。

 「『銀魂』で神楽を演じたときも大変でしたが、自分の力ではない動きによって体を動かされながら、自分で動いたように見せるのが難しいんです。ケイはすごく強い役なので余計に難しかったです。格闘技などで本当に強い人が、必ずしも派手に強く見えるわけではありません。映像では、派手にかっこよく、絶対的に強く見える必要があるので、アクション部の方とその都度、確認しながら作り上げていきました。何しろ“みちたかくん”と戦うわけですし」と苦笑い。

映画『バイオレンスアクション』より (C) 浅井蓮次・沢田 新・小学館/『バイオレンスアクション』製作委員会
 城田優演じる“みちたかくん”は、独自のルールを掲げた、相当にヤバい最狂の殺し屋だ。映画後半には、ガタイもまるで違うみちたかくんとケイのガチンコ勝負が登場する。数十台のカメラでキャストを360度撮影し、3Dデータに変換して縦横無尽なカメラワークでの映像を実現させた、日本映画初となる“ボリュメトリックキャプチャ技術”で生み出された革新的なシーンだ。

 「全方位グリーンバックの、円柱状のスタジオの中で撮影しましたがすごく難しかったですね。どこが前なのか分からなくなってきて、アクションの手が分からなくなるんです。普段、自分の位置を視覚的に捉えて動いていることがよく分かりました。それに空気がこもっているので、とにかくめっちゃ暑かったです」と苦労を思い起こしながら、出来上がった映像に「足元からカメラが1回転したりするんです。観たことのない映像になっていると思います。これから使われていくだろう技術の、日本映画での1作目に携われたのはすごく光栄です」と充足の笑みを見せた。

次ページ

■多忙な日々の癒しは愛犬との時間 目標は立てない

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv