クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

それでも「“俺は俺”でやるしかない」村上虹郎「頑張っても2世」

映画

映画『銃』村上虹郎インタビューカット
映画『銃』村上虹郎インタビューカット クランクイン!

 「僕らの世代って、生まれたときからすでにスタイルも表現も出尽くしているんです」。悲観するでもなく、どこか楽しげな表情さえ浮かべ、現在21歳の村上虹郎はそう語る。「だから、自分らしさで戦うしかないし、僕は、その“先”に行きたい」とも。映画『銃』は、そんな彼の映画への、表現への情熱が詰まった映画となった。本作を「昭和の映画屋の映画」と語る村上に本作に込めた思いを聞いた。

【写真】映画『銃』村上虹郎インタビューカット

 芥川賞作家・中村文則のデビュー作を『百円の恋』の武正晴監督が映画化。ある雨の日に1丁の拳銃を拾ったことで、危険な妄想にとらわれ、現実を踏み外していく大学生の姿を描き出す。

 映画『GONIN』『ソナチネ』などの名作を送り出してきたプロデューサー奥山和由が本作の映画化にあたり主演は「どうしても彼でなければ」と白羽の矢を立てたのが村上だった。「中村さんの原作は以前から持っていたんです。初めて舞台(2015年に出演した『書を捨てよ町へ出よう』)に出演した際に、共演者の方に『虹郎にやってほしい本がある』と教えてもらったのがこの『銃』だったんです。その後、東京国際映画祭で奥山さんに初めてお会いして、そのすぐ後に今回のお話をいただいたんです。だから、僕にとっても運命を感じた作品でした」。

 自身では、主人公のトオルと近い部分を感じているのか? 「読んでみて、確かにトオルと身体的なシンクロを感じるところがありました。僕は決して表面的に生きているというわけじゃないですが、撮影で共演者に見せる顔、家族に見せる顔、取材で見せる顔とそれぞれ異なるわけです。それは誰しも同じで、人は多面性を持って、常に誰かを“演じて”生きている。トオルもその延長上にいるんだと思います」と語る。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access