木村佳乃、「身近にいたら迷惑極まりない」悪女役の魅力は“人間くささ”

エンタメ

木村佳乃、『後妻業』インタビューフォト
木村佳乃、『後妻業』インタビューフォト クランクイン!

 「やっぱり悪いものを見たいって気持ちは私も含めて、皆さんにありますよね」――。木村佳乃は楽しそうに笑いながらドラマ『後妻業』の魅力をそう語る。朝ドラでヒロインの優しい母親を演じていた40代の立派な大人の女優が、金やプライドを巡って、同世代の木村多江と罵り合い、ビンタ合戦まで繰り広げるのだから、面白くないはずがない。

【写真】『後妻業』木村佳乃インタビューフォト

 本作で彼女が演じているのは大阪を舞台に、資産家の老人と結婚し、遺産を手に入れる“後妻業”を繰り返す、男をたぶらかす天才・小夜子。やっていることはどう見ても“悪女”なのだが、どこか憎めない魅力がある。
 
 「もちろん、基本的には悪役であり、お金を騙し取るわけですから、やってることは犯罪です。だけど、どこか魅力があって、心に引っかかるんですよね。やっぱり見る人も、バンっと正論を言って正しい行いをするというドラマもいいけれど、悪い人たち、悪いものを見たいって気持ちは強いんだと思います。身近に小夜子みたいな人がいたら、迷惑極まりないですけどね(笑)」。

 もうひとつ、木村が魅力として挙げるのは、小夜子をはじめ、登場人物たちの「人間くささ」だ。十分に“大人”とカテゴライズされるべき俳優陣がキャスティングされている本作だが、決して「大人のドラマ」ではない。別の作品では、若い主人公たちの優しく温かい両親や頼れる上司を演じているような、いい大人たちが、遺産を巡って罵り合い、掴み合う、THE 人間ドラマが展開するのだ。

 「メインの4人(木村佳乃、高橋克典、木村多江、伊原剛志)の中で、42歳の私が一番若いですからね(笑)。連ドラの主役は若い俳優さんといういまの時代、なかなかないことですよ。しかも、やってることは本当に子どものケンカですからね(笑)」。 

 近年では『僕のヤバイ妻』『ファーストクラス』『あなたには渡さない』など、なかなかの“破壊力”を持った女性を演じる機会も増えてきた。本人は、決してイメージチェンジや役の幅を広げるといったことを意識して、作品を選んでいるわけではないという。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access