ウィル・スミス、自身の自由を奪うのは“ウィル・スミス”というイメージ 葛藤を吐露

映画

ウィル・スミス、『アラジン』インタビュー
ウィル・スミス、『アラジン』インタビュー クランクイン!

 ディズニーの名作アニメを実写映画化した『アラジン』でランプの魔人ジーニーを演じた俳優のウィル・スミスが、約1年半ぶり15回目の来日を果たし、合同インタビューに応じた。時おりジョークを交えながら撮影秘話を楽しそうに語るその一方で、ウィルは、常にスーパースター“ウィル・スミス”でいることへの葛藤も吐露。囚われの身であるジーニーに自身を重ね合わせながら、人生を自分らしく、そして自由に楽しむことの大切さを訴えた。

【写真】ノリノリでフォトセッションに応じてくれたウィル・スミス&『アラジン』場面写真

 本作は、世界中の人々に愛され続けるディズニーの同名アニメを、『シャーロック・ホームズ』シリーズなどのガイ・リッチー監督が実写映画化した冒険ファンタジー。清く美しい心を持つ貧しい青年アラジン(メナ・マスード)と自由に憧れる王女ジャスミン(ナオミ・スコット)の身分違いのロマンスや、魔人ジーニー(ウィル)が願いを叶える魔法のランプをめぐる冒険を壮大なスケールで活写する。

 ジーニーといえば、ディズニー作品の中でも最も人気の高いキャラクターの1つ。1992年のアニメ映画版で声優を務めた故ロビン・ウィリアムズ氏のイメージが強烈に残っているが、これに対してウィルは、「最初はすごくナーバスになったけれど、ロビンが演じたジーニーにオマージュを捧げること、そして自分なりに新しいジーニー像を作り上げること、この両方を成し遂げてみたい、という気持ちがだんだん芽生えた」と胸の内を明かす。

映画『アラジン』場面写真 (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
 ウィルの心を前向きにさせたのは、なんといっても音楽だ。ラッパーとしてもグラミー賞最優秀パフォーマンス賞を獲得するなど超一流のキャリアを積み重ねているだけに、「音楽を追求することが、新たなジーニーを創造する助けになる」と自身を鼓舞したという。「ジーニー役を引き受ける前に、プロデューサーとスタジオに行って、『フレンド・ライク・ミー』をちょっとやってみようということになって。試しにオールドスクール・ヒップホップのドラムを入れてみたら、予想以上にゴキゲンでね。最初に録音したものがそのまま劇中で使われていると思うけど、これなら行ける! と確信したんだ」と振り返る。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access