クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

大沢たかお「来年仕事がゼロだっていい」 “安パイ”のような芝居はしない

映画

  • twitter
  • facebook
大沢たかお
大沢たかお クランクイン!

 昨年、2016年から約2年間にわたって俳優活動を休止していたことを明かした大沢たかお。復帰映画となった『キングダム』の王騎役は、高い支持をもって受け入れられた。そんな大沢が次なる出演作に選んだのが、4年ぶりの主演作となる『AI崩壊』だ。大作が続くも大沢は俳優復帰を「戻ってきたとは思っていない」と語る。その真意とは――?

【写真】遠くを見つめる横顔がかっこいい…「大沢たかお」インタビュー撮りおろしショット集

 『AI崩壊』は『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』の入江悠監督によるオリジナル映画。AI(人工知能)の暴走によってパニックに陥る2030年の日本が描かれる。大沢は、画期的なAIシステムを開発した天才科学者の主人公・桐生役で、AIが引き起こした暴走のテロリストとして警察に追われ、逃亡者となる。大沢が出演を決断したのは、「ヤバイ映画だったから」だという。


 「ヤバイというと言葉は悪いですが、こう演じればいいと予測できるようなものではなく、この作品どうなるんだ? どう演じればいいんだろうと必死で食らいつかないとできない作品だと感じたんです。昔から挑戦しがいのある作品を選んできましたが、(復帰以降は)よりそうしています。結果、『キングダム』、イギリスでの舞台(『王様と私』)、この作品と、本当に過去のルールが通用しない作品ばかりで、自分で選んでおきながら、俳優ってめちゃくちゃ大変だなと思っています(苦笑)」。

 再び演じることを選らんだ大沢だが、「戻ってきたとは思っていない」という。「リセットしてゼロから臨んでいる感じです。死ぬ気でやらないと成立しなかったデビューしたての頃に」。そのためにも、“安パイ”のような芝居はしないと決めている。


 「今回の作品では、主人公がスマートに活躍するような、ハリウッド風日本映画には絶対にしたくなかった。こうした大型のエンターテインメントは、ついついそうしたヒーロー的な芝居になってしまいがちです。確かに桐生は科学者としては高い能力があるけれど、でもそれ以外はただの人。ピストルを向けられたことなんてない普通の人間です。等身大の『このおじさん、大丈夫かな、必死だな』と感じるような、恐怖も恐れも抱いている普通の人間にしたい。そこが大きな挑戦でした」。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv