クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

波瑠「敵をつくるタイプなんです」 悩んだ過去も「それでいいんだ」と思えた今

映画

映画『弥生、三月 ‐君を愛した30年‐』で主演を務める波瑠
映画『弥生、三月 ‐君を愛した30年‐』で主演を務める波瑠 クランクイン!

 連続テレビ小説『あさが来た』(2015)以降も、ドラマ『あなたのことはそれほど』『G線上のあなたと私』、映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』など、順調にキャリアを積み重ねている女優・波瑠。そんな彼女の最新主演映画が『弥生、三月 ‐君を愛した30年‐』だ。自らを「結構敵をつくるタイプ」だと言い、「もっとうまく振る舞えるんじゃないか」と悩むこともあったという波瑠。しかし本作を通じ、「これでいいんだ」と思えたと語った。

【写真】透明感あふれる美しさ…波瑠、撮り下ろしインタビューカット集

■「できない」から「やってみたい」と心が動いた監督からの言葉

 ドラマ『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』『同期のサクラ』など、話題作を放ち続ける脚本家の遊川和彦が、映画『恋妻家宮本』以来2度目となる監督を兼ねた本作。高校時代に出会った弥生(波瑠)と太郎(成田)の30年を超える年月を、3月の出来事だけで紡いでいくラブストーリーである。

映画『弥生、三月 ‐君を愛した30年‐』より (C)2020「弥生、三月」製作委員会
 「最初はできないと思いました」という波瑠。高校生から50代までを演じきったことに注目がいきがちだが、「“何歳から何歳までを演じる役”といった捉え方はしていません。あくまでも"その人を演じる"ので」と語る通り、躊躇(ちゅうちょ)したのは別の理由だった。

 「弥生の人生には大きな浮き沈みがあるんです。そこには親友を病気で失ったり、震災といった出来事も含まれます。中途半端にはできないと思いました」と述懐。当時、作品が続いていたこともあり、オファーを受けるかどうか迷っていた。断るつもりで直接遊川監督に会いに行ったところ、監督から返ってきたのは、「弥生は、波瑠という女優にやってもらわなければ意味がない」という力強い言葉だった。その情熱に、「やってみたい」と心が動いた。

■とにかく映画を観て踏ん張った、下積み時代

 2004年に芸能界入りし、キャリアは15年を超える波瑠。ドラマ、映画に引っ張りだこだが、今に至るまでには下積み時代も経験した。

 「仕事がなかった時期はとにかく映画を観ていました。今思えば、ワークショップを受けてみるとか、ほかにも勉強法はあったと思うのですが、当時はとにかく映画を観るという方法しか浮かばなくて」と振り返る。何か資格をとよぎったこともあるが、その選択はしなかった。


 「自分の知識を増やせるってとても楽しいことだし、資格を取れば、実際に身に付くことがある。今でもそうした勉強をしたいなとは思います」と前置きしつつ、「でも、当時は、それが逃げ道になってしまうんじゃないかと思ったんです」と胸の内を明かす。そして「お仕事がない時期はありましたが、上手くいかないときにも、一途(いちず)に踏ん張れる人が上にいけると思ったんですよね」と吐露。そこで踏ん張ったからこそ、今の彼女がある。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access