クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

玉木宏 “俳優は必要なのか” コロナ禍で向き合った問いへの答え

エンタメ

  • twitter
  • facebook

■ コロナ禍で向き合った“俳優は必要なのか?”


 コロナ禍によって、家事の時間のほかにも「自分自身と向きあう時間が増え、俳優が何なのかを考えた」と話す玉木。「前のドラマの撮影中、今のように撮影できる環境下に戻るのか想像しにくい時期があって。コロナのせいで大打撃を受けている方が本当にたくさんいらっしゃる中で、俳優は必要なのかを考えました」。

 結論が出たのかと問うと、「自粛中、映像作品をたくさん見ましたが、その時間はコロナのことを一瞬でも忘れられて。それがまさにエンタメの原点だと思いました」と感慨深い様子で口にし、「『極主夫道』はコメディ作品なので、この世界観にひたっていただいて、一瞬でも嫌なことを忘れて笑って頂けたらと思います」と笑顔で語った玉木。何かと憂鬱(ゆううつ)になりがちな日曜の夜、真っすぐな龍の奮闘する姿に元気をもらいたい。(取材・文:高山美穂 写真:高野広美)

 ドラマ『極主夫道』は、読売テレビ・日本テレビ系にて毎週日曜22時30分放送。

2ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv