クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

江口のりこ、注目されても自身は「何も変わらない。周りも変わらない」

エンタメ

  • twitter
  • facebook
江口のりこ
江口のりこ クランクイン!

 確かな演技力でさまざまなドラマ、映画、舞台にアクセントを添える実力派女優の江口のりこ。9月まで放送されていた『半沢直樹』(TBS系)では、国土交通大臣・白井亜希子役で、錚々(そうそう)たる俳優陣に引けをとらない強烈なインパクトを残した。そんな彼女は現在、波瑠主演のドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系/毎週水曜22時)に出演中。大ヒットドラマで一躍脚光を浴びても「何も変わらない」と顔色を変えず飄々(ひょうひょう)と語る江口。話を聞くと、江口のどんな役でも変わらない芝居へのスタンス、私生活からも切り離すことができない芝居への熱が見えてきた。

【写真】照れたような優しい笑顔を見せる江口のりこ

◆顔や名前を知らない相手との恋愛も「楽しいならいい」

 『ホタルノヒカリ』『スカーレット』の水橋文美江が脚本を担当する本作は、面倒な恋愛を避けて悠々自適なおひとり様生活を送っていたドSで完璧主義な産業医の美々(波瑠)が、「このままでは一生ひとりかも」と孤独と焦燥を感じ、不器用に恋を追い求める恋愛ドラマ。江口は、それなりの成功を手にし、思うままに生きている達観した精神科医・富近ゆりを演じている。オンラインゲーム上で顔も名前も分からない相手に恋をした美々を見守るゆりについて「人の話を引き出すのが上手な人。私も後輩にお節介を焼いたり、話を聞いたりするので、そういうところは似てるかもしれないですね」と笑う。


 主演の波瑠とはガッツリ芝居をするのは今回が初。波瑠の印象を「明るくてさっぱりしている方」と言い、「一緒に過ごすのは楽しいです」とほほ笑む。また、オンラインゲームをきっかけとした美々の恋愛については「めちゃめちゃいいと思う」と即答。「恋愛が彼女にとって日々の励みになってる。気になる人から連絡がきたら、舞い上がることもそう。先のことを考えるとどうなるか分からないけど、楽しいならいい。オンラインだからこうでないといけないというのは別にないと思う」とキッパリ。

『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』場面写真 (C)日本テレビ
 一方で、自身のプライベートにおいては、SNSをきっかけにした恋愛はイメージがまだ湧かないとも。「首が弱いので、スマホをずっといじってるとつらくなるんです(笑)。なので、その時点で無理かな」と苦笑い。また、恋の相手を選ぶ上で意識していることを聞くと「ないですね」と断言し、「この人がこうだからと好きになるわけでもないし、気付いたら好きになってる。自分でも分からない」と素直な思いを明かす。

 本作はコロナ禍の社会をそのまま描いているため、劇中の芝居でもマスクを着用。「目元しか見えていないので、大丈夫かと気になることもあったんです」とコロナ禍ならではの現場での悩みを明かすも、「でもそんな時にメイクさんがきて、目元を丹念に直して、表情を分かりやすくしてくれて。心強い支えがあるので、マスクがあろうがなかろうがいつものように芝居をやろうと思っています」と意気込む。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv