クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

宮本信子、夫・伊丹十三監督の言葉で続けられた女優業「あなたはいい女優なんだよ」

アニメ

映画『STAND BY ME ドラえもん 2』のび太のおばあちゃん役で出演する宮本信子
映画『STAND BY ME ドラえもん 2』のび太のおばあちゃん役で出演する宮本信子 クランクイン!

 現在公開中のドラえもん50周年記念作品『STAND BY ME ドラえもん 2』でのび太のおばあちゃん役を務める女優の宮本信子。本作の脚本、共同監督として作品に参加している山崎貴監督とは“伊丹組”という共通点で深いつながりがあり、本作出演を「とても素敵なご縁」と表現した。そんな宮本が、最高のパートナー・伊丹十三さんの、監督、そして夫としての思い出を語った。

【写真】のび太のおばあちゃんを好演! 優しい笑顔を見せる宮本信子、インタビューフォト集

■“伊丹組”の縁がつないだ『STAND BY ME ドラえもん 2』出演

 日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞した『ALWAYS 三丁目の夕日』、『永遠の0』をはじめ、数々の名作を世に送り出してきた山崎監督。映画監督として作品を手掛ける前は、所属する白組で伊丹監督が手掛けた作品のSFXやデジタル合成を担当するなど、本人も「僕は伊丹組で映画を学んだ人間」と公言しており、伊丹監督の妻であった宮本とも浅からぬ縁でつながっている。


 宮本も山崎監督から、優しくも芯のあるおばあちゃんという役をオファーされたことに「長く生きているといいことがあるのね」と笑顔を見せ、山崎監督が伊丹監督を慕っていることに「本当にありがたいですね」としみじみ語る。山崎監督の期待通り、劇中では、のび太くんを深い愛で包み込む素敵なおばあちゃんを好演。大人のび太の声を演じた妻夫木聡も、宮本が演じるおばあちゃんの温かさに“ドラ泣き”したことを本作の完成報告会で話している。

 1984年に映画『お葬式』で映画監督デビュー(「伊丹十三」名義)した伊丹監督。そこから10本の映画で監督を務めたが、すべての作品に宮本は出演している。「私にとっては本当に大きな出会いでした。10本の映画すべてに出させてくれたんですから。それもいろいろな役をやらせてもらって…。ずっとプレゼントをもらっているような感覚でした」。

 伊丹監督との思い出を懐かしそうに語った宮本。中でも印象的だったのが、伊丹監督が手掛けた脚本だと言う。「日本の邦画界がどん底のとき、伊丹十三が彗星(すいせい)のごとく監督として現れたんです。なんといってもすごいのが脚本。どれも素晴らしく面白い。市川崑先生も『伊丹くんの脚本はすごい、誰も書けない』とおっしゃっていましたから」。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access