クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

17歳から10年――武井咲、結婚・出産を経ての『るろうに剣心』薫役「不安だった」

映画

  • twitter
  • facebook
武井咲、すっかり大人の女性の美しさに
武井咲、すっかり大人の女性の美しさに クランクイン! 写真:ヨシダヤスシ

 佐藤健を主演に、人気マンガ原作実写化へのプレッシャーを跳ねのけ、伝説をスタートさせた第1作『るろうに剣心』。その撮影時から、10年にわたって神谷薫を演じてきた武井咲が、シリーズラストとなる『るろうに剣心 最終章 The Final』で、剣心の過去に大きな衝撃を受けながらも、支えることを決意する薫を見事に演じきった。しかしクランクイン前、武井自身は「不安だった」という。打ち破ったのは、大友啓史監督の言葉と、シリーズの仲間たち、そして「自分より大切な存在」を得た武井自身だった。

【写真】第1作の撮影時から10年、すっかり大人の美しさをまとう武井咲

◆「10年」――当時とは全く違う重みを感じている

 第1作の撮影時、武井は17歳。「ポンっと子猫が入ったような、すごく頼りない存在だったんじゃないかなと思います」と、今やすっかり大人の女性としての雰囲気を漂わせる武井が当時を振り返る。


 「お芝居の経験もまだ浅い時期に、こうした大作に携わらせていただいた。10年経って、当時と今とでは全く違う重みを感じています。健さんたちは、あの頃から、これだけの責任を背負ってやられていたのだと思うと、なんだかぞっとするくらいです」と、信じられないといった表情を浮かべる。

 なにしろ世界中にファンを持つ大きなシリーズだ。その重みを改めて実感しつつ、完走した今は、安堵(あんど)の笑みを見せる。だが前作から時間を経てのクランクインには不安も。特に10代から20代になったことでのビジュアル面の変化が気掛かりだったという。

 「男の人って、あまり変わらないですよね。もちろんコントロールされているのだとは思いますが、みなさん全然変わらない。私なんて10代の時は、顔がパンパンでしたから」と苦笑い。「10代と20代ではやっぱり大きく違うんですよね。心配な部分はたくさんありました」と吐露。しかしそんな心配など軽く吹き飛ばし、武井は、『The Final』で過去作の薫の瑞々(みずみず)しさそのままに登場する。

 実際、現場に入ると、すぐに薫に戻ることができたという。というのも、「『るろうに剣心』のメンバーとは、10年間ずっと一緒にいるような気持ち」だから。


 「離れていてもずっと気にしているし、青木(崇高)さんとは毎年年賀状でお互い元気? とやりとりしたりして、みんな本当に親戚のような気持ちです。だから顔を見るだけで、『帰ってきたな』と、一気に当時に戻れました」と振り返る。

 とはいえ、『The Final』だからこその緊張感もあったと口にする。「美術もすごいことになっていましたし、健さんの、最終章にかける熱量も、今までよりもさらに増していました。さらに“アップデート”していかなければという意識がひしひしと伝わってきて、またすごい景色が見られそうだという高揚感を覚えましたね」と、その興奮を思い起こした。

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv