クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

有村架純、体重を絞って挑んだ 『るろうに剣心』巴役への重圧「期待を裏切りたくない」

映画

有村架純
有村架純 クランクイン! 写真:ヨシダヤスシ

 『るろうに剣心』シリーズで約10年に渡り主人公・緋村剣心を演じてきた佐藤健をはじめ、スタッフ、キャストが強く、そして深い思いを抱いていた雪代巴という役。演じるのは女優・有村架純。これまで数々の映画やドラマで主演を務め、場数を踏んできた彼女をもってしても「とんでもないところに参加してしまった」というほど重圧があったという。一方で“大きな期待”というのは、有村にとっては女優業への強いモチベーションになっているようだ――。

【写真】体重を絞り、撮影に挑んだという有村架純

■「剣心の役作りは巴から始まった」という佐藤健の言葉

 10年間『るろうに剣心』という作品を背負ってきた佐藤が「どうしても映画にしたかった」という原作の「追憶編」。そこには剣心が、人斬り抜刀斎から流浪人となり「不殺(殺さず)」の誓いを立てるきっかけとなった巴との物語が描かれているが、ようやく映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』としてファンの前にお披露目される。

 佐藤ばかりか、大友啓史監督をはじめ多くの製作陣も実写化を切望していた本作。当然、雪代巴という女性を誰が演じるのか――ということは、作品を大きく左右する重要なキャスティングとなる。そんな大役を担ったのが有村だ。「大友監督、プロデューサーさん、そして健さんが『追憶編』にどれだけの思いをかけていたのか、そして巴という役がどれだけ大切な役かということは重々承知していましたので、正直すごく怖かったです」と胸の内を明かす。

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』より
(C)和月伸宏/集英社 (C)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

 そこには、日本の実写映画としては稀(まれ)な5部作、10年という歳月の重みが有村にのしかかった。「映画に携わるみなさんの思いが強くなければ実現しないプロジェクト。そこに主演としてずっと戦い続けている健さんの気持ちは並大抵のものではないだろうし、その本人から『剣心の役作りは巴から始まっている』と言われたんです。それを聞いて正直『とんでもないところに参加してしまった』と思ったのですが、自分にできることは、しっかりと気持ちを受け止めて、ワンシーン、ワンカット集中して臨むことだけでした」。

■「頬がこける感じで」というオーダーで体重を絞った

 邪念は取り除き、とにかく巴として生きる日々。巴は、復讐のために剣心に近づいたものの、共に過ごす中で心惹(ひ)かれてしまうという悲劇性の強い女性。しかし有村は「もちろん巴は残酷な運命を背負っていると思いましたが、自分で道を選択していく芯の強さを持っていると感じたんです。儚(はかな)いだけではない、とても凛々(りり)しい女性だと思いました」と役へのイメージを語る。

 言葉数も少なく、あまり感情を表に出さない役。語らずとも思いをにじみ出させるためには「とにかく剣心への思いや、(許嫁である)清里への気持ちを積み重ねるしかない」と丁寧に感情と向き合った。そこで大きな助けとなったのが、佐藤の現場での居ずまい。「剣心が、とても寂しい背中、孤独漂う佇まいでいてくれたので、自然と巴の気持ちに入り込めました」と感謝する。


 目に見える部分では、話し方や瞬きの回数、カラーコンタクトによる目の色味などにもこだわった。さらに巴の抱える心情的なところから、大友監督からは「頬がこける感じで」というオーダーももらった。「できる範囲で体重も絞りました」と可能な限りの準備はすべて行った。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv