クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

鈴木福、“子役”からの脱皮 これからの覚悟を込めて「肩書きは俳優です」

映画

現在17歳の鈴木福
現在17歳の鈴木福 写真:ヨシダヤスシ

 0歳から子役として活動し、最近では演技だけでなくバラエティーなどマルチで活躍する現在17歳の鈴木福。“特撮好き”として知られる鈴木だが、仮面ライダーシリーズ生誕50周年・スーパー戦隊45作目となる映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』(7月22日公開)で、物語の鍵を握る謎の少年を演じる。幼少期から夢見ていた世界に実際に入ることができた心境、そして今後の俳優としての覚悟を聞いた。

【写真】“大人っぽい”“イケメン”に成長!現在17歳の鈴木福くん

■念願の特撮映画に出演 完成作品のエンドロールを観て涙

――『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』出演が決まったときの思いはいかがでしたか。

鈴木:大きな記念のタイミングで呼んでいただけて、ビックリしたのと同時に本当にうれしくて。実は仮面ライダー45周年のときに「5年後には50周年だから出たい」と雑誌のインタビューで話していたんですが、それがまさか叶うなんて。3~4歳の頃の自分に「ずっと好きでいたらきっと良いことが待っているよ」と言ってあげたいですね。しかも、プロデューサーの白倉伸一郎さんは僕が仮面ライダーやスーパー戦隊好きだと知っていたそうですが、好きだからではなく、純粋にこの役は僕が良いだろうと思ったからと言ってくださったのもうれしかったです。

――出演してみて印象に残ったことは何ですか。

鈴木:『侍戦隊シンケンジャー』の中でも特にシンケングリーンが大好きだったんですけど、映画では鈴木勝吾さんが「一筆奏上!」をやる場面を間近で見られて、興奮しました(笑)。『仮面ライダーゼロワン』を生で見られたのもうれしかったし、『仮面ライダー電王』のイマジンたちとの共演シーンはなかったけど、僕自身の撮影が終わってから現場に残って、会いに行ったんですよ。現場では初日から「写真撮って良いよ」と言われたので、「ありがとうございます!」と喜んで撮りまくりました(笑)。

――ファンとして見てきたのと、出演する側として現場で見るのとで違いはありましたか?

鈴木:ストップチェンジという技術など、「こうやって作られているんだ」ということがわかって、大変そうですが、面白かったです。それに、アクションシーンもその場で指示出しされて、パパッとできちゃうから、皆さんすごいなぁと。

映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』に出演する鈴木福
 「スーパーヒーロー戦記」製作委員会
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

――完成した作品はご覧になりましたか。

鈴木:はい! 自分が好きだった作品や思い入れの強いキャラクターが1つ1つフィーチャーされるたびに、思い出が蘇ってくるようでした。誰が観ても自分が仮面ライダーやスーパー戦隊を好きで良かったと思える作品になっていると思います。母も観たんですが「自分の子どもが仮面ライダーやスーパー戦隊好きなお父さん・お母さんはみんな感動すると思う」と言っていました。

――1番感動したのはどんなシーンでしたか。

鈴木:僕が個人的に泣けたポイントは3つあって、1つはエンドロールです。感動して泣いちゃったんですよ。自分が大好きな作品の中にいることも不思議でしたし、重要な役をやらせていただいたことも本当にうれしくて。あと2つは、クライマックス戦闘シーンの前と、戦闘後の藤岡弘、さんのセリフ「仮面ライダー、スーパー戦隊は、いつも僕たちのそばにいてくれる、みんなのヒーローである」というところ。50周年45作品続いてきたことを象徴しているセリフだし、永遠に続いてほしいなと思いました。

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv