天空の蜂

東野圭吾“禁断の小説“がついに映画化

【解説/みどころ】
次々にヒット作を発表し、映画化・ドラマ化も多い東野圭吾の小説の中でも“映像化不可能“とされてきた同名小説を、江口洋介、本木雅弘をキャストに迎えて映画化。最新鋭にして日本最大のヘリコプターを乗っ取り、原子力発電所の上空にホバリングさせるという前代未聞のテロ事件を起こした男との極限の心理戦をスリリングに描く。監督は堤幸彦。


【ストーリー】
1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ“ビッグB“が、遠隔操作により子どもを1人乗せたまま原子力発電所“新陽“の真上に静止した。“天空の蜂“と名乗る犯人は全ての原発の破棄を要求。従わなければ爆発物を載せたヘリを原子炉に墜落させると宣言する。

キャスト
江口洋介本木雅弘仲間由紀恵綾野剛柄本明國村隼石橋蓮司佐藤二朗向井理光石研竹中直人やべきょうすけ手塚とおる永瀬匡松島花落合モトキ石橋けい前川泰之松田悟志森岡豊カゴシマジロー
スタッフ
監督: 堤幸彦 脚本: 楠野一郎 製作総指揮: 迫本淳一 武田功 原作: 東野圭吾
上映時間・制作年
138分/2015年
制作国
日本
公式サイト
http://www.tenkunohachi.jp/
配給
松竹

天空の蜂の関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access