クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

高橋一生、刑事役でTBS連ドラ初主演 4度目共演・柴咲コウとタッグ

ドラマ

ドラマ『インビジブル』(左から)主演を務める高橋一生と共演の柴咲コウ

ドラマ『インビジブル』(左から)主演を務める高橋一生と共演の柴咲コウ(C)フジイセイヤ(W)

関連 :

高橋一生

柴咲コウ

 俳優の高橋一生が、4月スタートのドラマ『インビジブル』(TBS系/毎週金曜22時)で主演を務めることが発表された。高橋演じる刑事が“インビジブル”と呼ばれる犯罪コーディネーターとタッグを組む前代未聞の犯罪エンターテインメント作で、そのインビジブルを女優の柴咲コウが演じる。高橋はTBS連続ドラマ初主演。

【写真】『天国と地獄』“日高”高橋一生の丸刈り姿に反響

 本作は、警察すら存在を知らない凶悪犯、通称“クリミナルズ”を捕らえるため、刑事と犯罪コーディネーターという絶対に相容れないはずの2人が異色のバディを組み、闇に隠れていた凶悪犯たちをあぶりだしていくサスペンス作。

 裏社会を牛耳り、あらゆる凶悪犯罪者たちの取引を仲介する犯罪コーディネーター“インビジブル”。その存在は警察内部でも一部の人間しか知らず、しかもその実像に迫ったことがないゆえに、都市伝説とささやかれていた。そんなインビジブルが突如、刑事・志村貴文を担当にすることを条件に、自身が関わってきた未解決事件や凶悪犯罪者の情報を提供し、犯人逮捕に協力すると警察に申し出る。

 高橋が演じる主人公・志村は、警視庁管内で起きた未解決事件の継続捜査を行う「特命捜査対策班」所属の刑事。犯人を逮捕するためなら時にグレーな手段を使うこともあり、行き過ぎた捜査がきっかけで捜査一課から特命捜査対策班へ左遷された。そんな志村は“悪”を許してはならないという執念にも近い正義感を持つ。

 一方、柴咲演じる犯罪コーディネーターとして悪を熟知する謎の女犯罪者は、実像は誰も見たことがないことから“インビジブル”と呼ばれている。そんな“インビジブル”が突如キリコと名乗り、犯人逮捕に協力。警察組織がまだその存在すらつかんでないクリミナルズの情報に精通しており、志村が追う数多の未解決事件を解決する鍵を握っているインビジブルが、志村に近づいた目的とは…。

 脚本は、『ROOKIES』『南極大陸』『クロコーチ』など数々のTBSドラマを手がけてきたいずみ吉紘が担当。今回オリジナル脚本に挑む。

 『カルテット』(2017)、『凪のお暇』(2019)に出演し、2021年1月期に放送された『天国と地獄~サイコな2人~』(2021)での怪演も記憶に新しい高橋は、本作でTBS連続ドラマ初主演。高橋は「今までに僕が演じたことのないキャラクターで、作品に対するワクワク感と共に志村を演じることがとても楽しみ」と期待を寄せる。

 柴咲のTBSドラマ出演は、『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(2013)以来、9年ぶり。柴咲は「どういうキャラクターなのか、1から構築していくのが大変でもあり楽しい」と話している。

 共演については、「柴咲さんとは何度も共演させていただいていて、お芝居で会話ができる方なのでとても心強い」(高橋)、「一生さんとは久しぶりの共演になりますが、佇まいや演技の間合いが天才的な方なので、とても安心しています」(柴咲)とコメント。NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』(2017)を含め、今回が4度目の共演とあって、互いに大きな信頼を寄せている。

 プロデューサー・佐藤敦司氏は、「相対する危険な2人が今後どのように関係が変化し、より大きな悪にどう立ち向かっていくのか、ぜひ皆様の目で見届けてください」とメッセージを送った。

 ドラマ『インビジブル』は、TBS系にて4月より毎週金曜22時放送。
 
 コメント全文は以下の通り。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv