クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

松岡昌宏主演『家政夫のミタゾノ』第5シリーズ決定 山本舞香が新加入&伊野尾慧続投

ドラマ

 TOKIOの松岡昌宏が女装した家政夫役で主演を務めるドラマ『家政夫のミタゾノ』の第5シリーズが、テレビ朝日系にて4月より毎週金曜23時15分に放送されることが決まった。

【写真】「山本舞香」フォトギャラリー

 本シリーズは、女装した大柄な家政夫・三田園薫(通称ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情をのぞき見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“のぞき見”ヒューマンドラマ。2016年10月期にスタートし、2018年4月期に第2シリーズ、2019年4月期に第3シリーズ、そして2020年4月期に第4シリーズが放送された。

 今作から、山本舞香演じる新人家政婦・本仮屋素子が、新しく『むすび家政婦紹介所』の家政婦として加入。素子はヤンキー同士の抗争の場で“たまたま”出会ったミタゾノさんに惚れ込み、「姐さん」と慕って家政婦紹介所にやってくる。ヤンキーらしく仁義を重んじ、何があってもミタゾノさんに“地獄の果てまで”ついていくという熱い正義感と情熱を持つが、一方で、一人称は「あたい」など、言葉の端々、行動の端々にもヤンキーらしい香りを隠すことができないというキャラクターだ。

 山本と松岡は、2012年に放送されたテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『13歳のハローワーク』で共演して以来、10年ぶりの再共演となる。
 
 そして、ミタゾノとともに行動する若き家政夫・村田光役でHey! Say! JUMPの伊野尾慧が引き続き出演。家政夫業を続けている光にも、ついに素子という“後輩家政婦”ができることになる。

 他にも、余貴美子演じる『むすび家政婦紹介所』の所長・結頼子をはじめ、平田敦子演じる阿部真理亜、しゅはまはるみ演じる式根志摩といった家政婦仲間たちの続投も決定した。

 第5シリーズに突入し、再びミタゾノを演じる気持ちを問われた松岡は「『スネ毛を剃らなきゃ』です!」と一言。新たに加わる山本については、「山本舞香さんは天真爛漫なのに、自分自身を持っている女優さんというイメージ。『家政夫のミタゾノ』を楽しんでもらえたらいいなと思います。それと、あんまりおじさんをいじめないでね(笑)」とメッセージ。そして伊野尾とは3作目の参加となるが「もういいんじゃないかな(笑)」と冗談を言いつつ、「今回のシリーズも楽しく作っていきますので、皆さんもぜひ楽しく観てください!」とコメントした。

 続投が決まった伊野尾は「前回のシリーズの時に、松岡くんが後輩グループの名前をチラつかせていたので、今回はいよいよ、なにわ男子やHiHi Jets、美 少年あたりかなと思っていたんですよ(笑)」と出演に驚いた様子。「でもまたこうして松岡くんはじめキャストの皆さんやスタッフさんと再会できるのはうれしいですし、今回新しく加わる山本舞香さんとご一緒できるのも楽しみです。山本さんが演じる本仮屋素子は元ヤンキーでミタゾノさんを“姐さん”と慕うキャラらしいので、きっと光くんはいろいろと虐げられるんだろうな…。それもちょっと楽しみです(笑)」と期待を寄せた。

 新キャストの山本は「まさか出させていただくことになるとは思っていなかったので、びっくりしているのが大きいです」と吐露。自身の役柄については「私が演じる本仮屋素子は元ヤンキーなのですが、ワードチョイスが面白いんです。1話の後半くらいからだんだん物語になじんでいって、いろいろと楽しいお芝居ができたらいいなと思っています。服装もかなり個性的なんですよ(笑)」と明かす。そして出演に向けて「新しく第5シリーズから参加するということで、私にしかできないお芝居や雰囲気でドラマを盛り上げていけたらと思いますし、私が入ったことで、『あ、また違った『家政夫のミタゾノ』が見られた』と思ってもらえたらうれしいなと思います」と意気込みを語った。

 金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』はテレビ朝日系にて4月より毎週金曜23時15分放送。

 コメント全文は以下の通り。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv