クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

マーク・ウォールバーグ、『ディパーテッド』続編製作を試みたものの失敗していた!

映画

  • twitter
  • facebook
マーク・ウォールバーグ、『ディパーテッド』の続編製作を試みたものの、失敗していた!
マーク・ウォールバーグ、『ディパーテッド』の続編製作を試みたものの、失敗していた!(C)AFLO

 アカデミー賞4部門を受賞したマーティン・スコセッシ監督の『ディパーテッド』。本作に出演し、自身もオスカー候補入りを果たしたマーク・ウォールバーグが、かつて本作の続編製作を試みたものの、失敗に終わっていたことを明かした。

【写真】オスカー4部門受賞『ディパーテッド』フォトギャラリー

 本作は、大ヒット香港映画『インファナル・アフェア』3部作をワーナー・ブラザースがリメイクした作品。レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソンらが出演し、マークにとっても代表作の1つと言えよう。

 Varietyによると、マークが今週KFC Radioに出演し、「『ディパーテッド』の続編を作ろうと、ワーナー・ブラザースで、ビル・モナハン(『ディパーテッド』の脚本家ウィリアム・モナハン)と会ったんだ」と明かしたそう。

 しかしマークは続けて「そして、うまくいかなかったと言わせてもらうよ」と実現しなかったことをあっさり告白した。

 気になる理由だが、「彼が何も思い浮かばなかったんだ」と振り返り、「彼は信頼のおける人で、すごいものを書くんだけどね」と話している。

 マークは幻に終わった続編ついて、詳しいことは話していないものの、ブラッド・ピットやロバート・デ・ニーロのような大物の出演を検討していたようだ。さらに、2011年にモナハンが明かしたところによると、マークが演じたディグナム巡査部長を主人公に考えていたという。マークとしては、ぜひ実現させたかったところだろう。

 『ディパーテッド』の続編は実現しなかったものの、二人は2014年の『ザ・ギャンブラー/熱い賭け』で再びタッグを組んでいる。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv