クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

山田胡瓜×藤村緋二、『シン・仮面ライダー』コミカライズが「週刊ヤングジャンプ」にて連載決定

映画

  • twitter
  • facebook
『シン・仮面ライダー』コミカライズ『真の安らぎはこの世になく-シン・仮面ライダー SHOCKER SIDE-』
『シン・仮面ライダー』コミカライズ『真の安らぎはこの世になく-シン・仮面ライダー SHOCKER SIDE-』(C)石森プロ・東映/2023「シン・仮面ライダー」製作委員会

関連 :

池松壮亮

浜辺美波

柄本佑

庵野秀明

 2023年3月に公開される池松壮亮主演映画『シン・仮面ライダー』より、本作のコミカライズ版『真の安らぎはこの世になく -シン・仮面ライダー SHOCKER SIDE-』が、週刊ヤングジャンプ新年4・5合併特大号(12月22日発売)より連載スタートすることが発表された。

【写真】『シン・仮面ライダー』コミカライズの予告カット

 1971年『仮面ライダー』放送から50周年の記念日となる2021年4月3日に、製作および2023年3月の公開が発表された『シン・仮面ライダー』。脚本・監督には、大ヒット作品を送り出し続けている庵野秀明、主人公・本郷猛/仮面ライダーには池松壮亮、ヒロイン・緑川ルリ子には浜辺美波、一文字隼人/仮面ライダー第2号に柄本佑を迎え、新たなオリジナル作品として制作されている。

 このたび、本作のコミカライズ版『真の安らぎはこの世になく -シン・仮面ライダー SHOCKER SIDE-』が、週刊ヤングジャンプにて新年4・5合併特大号(12月22日発売)より連載スタートすることが決定。同作は、シン・仮面ライダーの最大の敵“SHOCKER(Sustainable Happiness Organization with Computational Knowledge Embedded Remodeling)”を描く完全オリジナルストーリー。SHOCKERの視点から描かれる驚きの物語だ。

 漫画の脚本を務めたのは、元IT記者出身という異色の経歴を持つ、『AIの遺電子』で知られる漫画家・山田胡瓜(やまだ・きゅうり)。山田は映画『シン・仮面ライダー』にも脚本協力として名を連ねている。作画は、そのセンセーショナルな内容で映画化もされた『神さまの言うとおり』シリーズ(原作:金城宗幸、講談社刊)で漫画家デビューし、確かな画力で作品を世に送り出し続けている藤村緋二(ふじむら・あけじ)が担当。

 なお本作は、WEBサイト「となりのヤングジャンプ」とヤングジャンプ公式アプリ「ヤンジャン!」でも掲載される予定(初回購読無料)。

 映画『シン・仮面ライダー』は、2023年3月公開。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv