クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

吉岡秀隆「五島健助として白衣を着ることはこれっきり」『Dr.コトー診療所』公開に感慨

映画

  • twitter
  • facebook
映画『Dr.コトー診療所』初日舞台挨拶の様子
映画『Dr.コトー診療所』初日舞台挨拶の様子 クランクイン!

関連 :

吉岡秀隆

柴咲コウ

高橋海人

生田絵梨花

大塚寧々

富岡涼

泉谷しげる

筧利夫

小林薫

中江功

 俳優の吉岡秀隆と柴咲コウが16日、都内にて開催された映画『Dr.コトー診療所』初日舞台あいさつに出席。吉岡が、「五島健助として白衣を着ることはこれっきり」とした上で、同作が初日を迎えたことに「吉岡は幸せです」と口にした。

【写真】King & Prince・高橋海人も舞台挨拶に登場

 本作は、累計発行部数1200万部を超える山田貴敏の同名漫画を元に、東京から僻地の離島に赴任してきた外科医“Dr.コトー”こと五島健助(吉岡)と島の人々との関わり合いを通して命の尊さを描いて人気を博した国民的大ヒットドラマの映画化。イベントには、大塚寧々、高橋海人(King & Prince)、生田絵梨花、富岡涼、泉谷しげる、筧利夫、小林薫、中江功監督も出席した。

 舞台あいさつは観客に向けた上映後に行われた。吉岡は、観客に向けて「お元気でしたか。(ドラマ版から今作まで)16年も待っていただいて、ありがとうございます」とあいさつ。柴咲は「公開の時に独り立ちしていく子どもを見送る親のような気持ちで、今までにはあまりないような感覚だなと思っています」としみじみと口にした。

 また吉岡は「本当にもう、最後なので。僕が五島健助として白衣を着ることはこれっきりなので、ちゃんとこうしたスクリーンで最後のコトー先生ということで、皆さんに見ていただいて、吉岡は幸せです」とコメント。

 さらに柴咲は「自分が出ている作品で、自分のことは置いておいて、作品に流れる空気感だったりとか人との繋がりだったりとか、コトー先生を取り巻く島の人たちの暮らしぶりだったりとか。あとは音楽だったりとかすべて含めて、本当に素敵な作品だと思う」と作品を絶賛した。

 続けてドラマ版から出演してきた自身を振り返り、「当時の自分には理解できなかった人との繋がりだったりとか、そういう温かさというものが、今になって沁みてきているなという感じ」と吐露。

 「この島と先生たちと島民の暮らしがあってほしいな、と思わせる、第二のふるさとなんだなという風に今はなっています。偽りではない。そこにたしかに(柴咲演じる)彩佳さんも存在して生きていたっていう、そんな感覚でやっていました」と噛み締めていた。

※高橋海人の「高」は正式には「はしごだか」

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv