クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

俳優・柳葉敏郎、エキストラ時代の悔しさをバネに!「負けたくない」気持ちが原動力

映画

  • twitter
  • facebook
柳葉敏郎、今の若手俳優を「大人ですよね」と評価
柳葉敏郎、今の若手俳優を「大人ですよね」と評価 クランクイン!

 30年以上に渡り、テレビドラマや映画で出演作が途切れることがない俳優・柳葉敏郎。映画『アゲイン 28年目の甲子園』(1月17日公開)では、高校時代に甲子園を目指したものの、ある事件によって断念せざるを得なかった川越学院野球部の元エースを熱演している。そんな柳葉に、本作の魅力や、俳優人生を振り返ってもらった。

【関連】「ぐるナイ」ゴチ新メンバーの「柳葉敏郎」フォトギャラリー

 劇中で柳葉演じる高橋は、背番号1を付け甲子園球場のマウンドに立つシーンがある。野球経験者ならもちろん、そうではなくても、この状況が“凄いこと”であるのは男子なら想像はつくだろう。特に柳葉自身、大の野球好きであり、草野球チームで活躍しているほどだ。「俺は部活で野球をやっていたわけではないですが、野球というスポーツに育てられた年代。聖地・甲子園という場所で、仕事とはいえマウンドに立てるなんて感無量でしたよ」と笑顔で語る。

 本作で貴重な経験をした柳葉だったが、名優・中井貴一との共演も感慨深いものだったようだ。お互い一線級で活躍してきた二人だが「ガッツリと共演したのは2回目ぐらいかな」と語ると「以前、映画やドラマとは違う形でご一緒させてもらって、その時に彼の男気を感じていましたし、お互いスポーツで培った空気感も似ているなって感じていたんです」と印象を述べる。

 同時に「貴一ちゃん(きいっちゃん)とは同世代だけど、俺が田舎から出てきた時点で、中井貴一という俳優は存在していたんですよね。だから都会の者には負けたくないという存在の一人ではあったんです。そういう人と、いまこの年になって同じ土俵に立っているというのは喜びですよね」と心境を吐露する。

 「負けたくない」という柳葉の思いは、俳優人生を送る上での原動力になっている。「エキストラ時代には、悔しい思いもたくさんありました。雪の日に集合場所に行ったら、誰もいなくてね。通りがかったスタッフに聞いたら『こんな雪で撮影あるわけないだろ。バカか』って言われたこともありました。『いつか見てろよ!』ってカチンときたことは忘れられないですね(笑)」。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv