クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

玉森裕太、関西弁で「好きやで!」 西内まりやのムチャブリに照れる

映画

  • twitter
  • facebook
西内まりや、映画『レインツリーの国』完成披露上映会にて
西内まりや、映画『レインツリーの国』完成披露上映会にて クランクイン!

関連 :

玉森裕太

西内まりや

Kis‐My‐Ft2

麻生祐未

森カンナ

大杉漣

三宅喜重

有川浩

 玉森裕太(Kis‐My‐Ft2)、西内まりや、麻生祐未らが15日、有川浩原作映画『レインツリーの国』完成披露上映会に登壇した。本作で関西出身者の役を演じた玉森は「細かいイントネーションや抑揚が難しかった」と話すものの、西内は「関西弁を話す人かと思っていたくらいナチュラルだった」と賞賛。さらに西内が「この場でやってほしい」とムチャブリすると、玉森は「好きやで!」と照れながら関西弁を披露、会場を沸かせた。

【関連】映画『レインツリーの国』完成披露上映会<フォトギャラリー>

 大阪出身の社会人・向坂伸行を演じた玉森は「オファーをいただいたときは素直にうれしかったし、がんばろうと思ったけど、馴染みのない関西弁をやらなくてはならなかったので、不安と緊張があった」と振り返る。また、難聴を患う人見利香役を務めた西内は「この悩みをどう表現していこうか、どう心の変化を見せようか悩んだ。私と性格は似ているようで違う。私は感情が表に出やすいが、人見はフィルターをかけて人と接している。そんな人見を丁寧に演じようと頑張ってみました」と笑顔で語った。

 映画初主演となった玉森とスクリーンデビューを飾った西内について、麻生は「緊張しているのかなと感じることもあったが 実は計算されたお芝居だったんじゃないかなっていうくらい、逆に勉強させてもらいました」と絶賛した。

 『図書館戦争』シリーズ第二弾『図書館内乱』(角川文庫刊)の中に登場する架空の小説を実際に著者が小説として書き起こし、映像化した本作。向坂伸行は、中学時代に好きだった本についてネットを検索したところ、“レインツリーの国”というブログを発見する。そこに綴られた感想に共感した伸行は、管理人のひとみにメールを送るが拒否されてしまう…。

 当日はほかに森カンナ、大杉漣、三宅喜重監督、原作者の有川浩が登壇した。映画『レインツリーの国』は11月21日全国ロードショー。

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access