クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

綾野剛、役作りで体重10キロ増減!「剛ちゃんは大好きな俳優」中村獅童も魅了

映画

  • twitter
  • facebook
『日本で一番悪い奴ら』完成披露舞台挨拶に出席した綾野剛
『日本で一番悪い奴ら』完成披露舞台挨拶に出席した綾野剛 クランクイン!

関連 :

綾野剛

中村獅童

YOUNG DAIS

植野行雄

デニス

ピエール瀧

白石和彌

 映画『日本で一番悪い奴ら』の完成披露舞台挨拶が25日、都内で行われ、主演・綾野剛を筆頭に“日悪チーム”が登壇。日本警察史上最大の不祥事と呼ばれる“稲葉事件”をモチーフとした本作について、撮影時のエピソードなどを語った。

【関連】『日本で一番悪い奴ら』完成披露舞台挨拶<フォトギャラリー>

 本作は、『凶悪』などで知られる白石和彌監督の最新作。裏社会の“S=スパイ”を率いて、あらゆる悪事に手を染めた北海道警察の警察官・諸星要一が、至るところに名刺をばら撒き、規格外の捜査を行っていく姿が描かれる。諸星の捜査協力者となる“S”として中村獅童、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス)、ピエール瀧ら超個性派キャストが出演。バックに10名の警察官を従えた日悪チームが舞台挨拶に登場すると、満員の客席から大きな声援が飛んだ。

 諸星役の綾野は「1人の男の一代記、人間賛歌を描いています」と作品を説明し、リアルな犯罪でもエンタテインメントで描いてしまう白石監督が手掛けるというだけで「これは参加するしかない」と出演を決意したという。

 さらに、「一人ひとりのキャストが丁寧に描かれていて、諸星が(仲間に)どれほど愛されてるのかがきちんと描かれている」と見どころをアピールする綾野。役作りに関しては、クランクインからクランクアップまで体重を10キロ増減させたことを明かし、「全キャストの方たちに共犯者になっていただいて、この役を生きることが出来た」と自信たっぷりに振り返った。

 そんな綾野について、以前NHK大河ドラマでも共演経験を持つ中村は「剛ちゃんは大好きな俳優。楽しかったし、勉強になった」と、作品への取り組みを称賛。綾野と強力タッグを組んだ白石監督も「綾野くんはずっと見ていてもあきない。底が見えない役者だ。また一緒にやりたい」と賛辞を送り、それには綾野も感激して「また来年やりましょう!」と即答していた。

 同イベントの最後は、観客を“S”にするべく、舞台から札束と名刺がキャノン砲でばら撒く演出を実施。綾野は「1人の男がいろんな人たちと関わり合っていく中の、最悪、最愛の物語です。心地よく観てほしい!」とメッセージを送った。

 映画『日本で一番悪い奴ら』は6月25日より全国公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access