クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

MISIA、映画『シング』で声優初挑戦! アカペラ含む歌唱シーン盛りだくさん

アニメ

  • twitter
  • facebook
MISIAが吹替を務めるミーナ(ゾウ)
MISIAが吹替を務めるミーナ(ゾウ)(C)Universal Studios.

関連 :

MISIA

内村光良

 歌手のMISIAが、3月17日に公開を迎える映画『SING/シング』で、声優に初挑戦したことが明らかになった。MISIAはアフレコを振り返って「大変ではありましたが、とても『楽しい大変さ』でした」と語っている。

【関連】ヤマアラシのアッシュ役「長澤まさみ」フォトギャラリー

 映画『SING/シング』は、未来を変えるために歌のオーディションに奮闘する動物たちの姿を描く感動のドラマ。MISIAが吹替を務めたのは、内気で極度のあがり症だが、歌い出すと誰もが聞き惚れる抜群の歌唱力を誇るミーナ(ゾウ)だ。

 解禁となった映像には、ミーナが本物の実力を持つ歌手でないと歌うことができないと言われるジェフ・バックリィの名曲「ハレルヤ」をアカペラで情熱的に歌い上げ、これを聞いた主人公のバスター・ムーン(内村光良)が驚きの表情を見せる姿が収められている。劇中でミーナは、スティーヴィー・ワンダーの名曲「Don’t You Worry’Bout A Thing」も見事に歌い上げているとのこと。

 本作で吹替に初挑戦したMISIAは、「大好きなソウルミュージックばかりだったので、とても楽しみながら、吹き替えをさせていただきました」と喜びのコメント。また、「フリーテンポで歌っていたり、アカペラで歌っていたり、アドリブが炸裂したり。とにかくミーナちゃんは様々なスタイルで歌うシーンがあります。大変ではありましたが、とても『楽しい大変さ』でした」と振り返っている。

 映画『SING/シング』は3月17日全国公開。

この記事の写真を見る

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv