クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

<TIFF2017>紗倉まな、AV女優を演じた女優陣を絶賛「すごくキレイなシーン」

映画

  • twitter
  • facebook
紗倉まな、「第30回東京国際映画祭」オープニング&レッドカーペットに登場
紗倉まな、「第30回東京国際映画祭」オープニング&レッドカーペットに登場 クランクイン!

関連 :

佐々木心音

紗倉まな

瀬々敬久

 「第30回東京国際映画祭」が25日、都内で行なわれ、コンペティション部門に出品された『最低。』に出演する森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈と原作者の紗倉まな、瀬々敬久監督がレッドカーペットに登場した。秋風が吹く寒空の下だったが、3人の女優陣は露出した美しいドレスを着こなし、初めての東京国際映画祭を楽しんでいた。

【関連】「第30回東京国際映画祭」オープニング&レッドカーペットの様子<フォト特集>

 原作を基に映画化に挑戦した瀬々監督は、「AV女優さんの話なので、どういう気持ちでいるか、わからないこともありました。けど、原作自体が日常というか、普段の生活を描いているので、普通の人として描こうと思いました」と、作品を作っていく上での苦労を語る。

 反対に、自身が執筆した小説が映画化されることになった紗倉は、「なかなか映像化しにくいと思ったんですけど、瀬々監督に素敵に色づけていただきました。観たときは、感激して胸がいっぱいでした」と、満足したことを伝えた。女優陣については、「皆さんの演技がとても素敵で、性描写のシーンもすごくキレイなシーンを演じていただきました。私が『ぴったりだな』と言うのはおこがましいですけど、そう感じました」と、体当たりのシーンについても称賛を送っていた。

 『最低。』は紗倉まなによる文芸小説を『64-ロクヨン-』などで知られる瀬々監督が完全映画化。果てしなく続くかのような日常に耐えきれず、新しい世界の扉を開く平凡な主婦や女子高生など、様々な事情からAVに関わる3人の女性たち。どうにもならない現実を前に、それでも自分らしく生きようとする彼女たちの姿を描く。

「第30回東京国際映画祭」は11月3日まで開催。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access