藤原竜也×蜷川実花が初タッグ 映像化不可能と言われた小説を実写化

映 画

『Diner ダイナー』メイキング写真
『Diner ダイナー』メイキング写真(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

 藤原竜也が主演を務め、蜷川実花がメガホンを取るサスペンスエンターテイメント映画『Diner ダイナー』の製作が決定。蜷川幸雄氏の演出によって芸能界デビューを果たし“まな弟子”として多くの作品に出演した藤原と、幸雄氏の愛娘・蜷川監督の初タッグが実現する。

【写真】シックなスーツで登場した藤原竜也

 原作は、映像化不可能と言われた平山夢明による小説『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)。一人ぼっちで人生どん底…ほんの出来心で怪しいサイトのバイトに手を出したばかりに、一瞬で普通の生活から転落したオオバカナコ。カナコは一筋縄ではいかない凶悪な殺し屋たちが集まる殺し屋専用のダイナーに売られ、ウェイトレスとして働くこととなる。

 カナコが売られたダイナーの店主と名乗る、天才シェフであり元殺し屋のボンベロを演じる藤原は「実花さんは不思議な魅力をもっている監督さんです。全てをさらけ出し監督と対峙して1カット1カット作り上げております。僕の中でも異質な映画であり、キャラクターも独特なので、模索しながら、役に向き合っています」とコメント。料理については、「中々難しいですが、上手く監督が撮ってくれれば嬉しいです(笑)」と話している。

 写真家としても知られる蜷川監督は「いつか竜也と一緒に仕事をするなら、大きな作品で魂をかけた仕事をしたいと思っていました。この作品のお話をいただいた時これだと確信しました」と回想。また「竜也はさすがです。圧倒的な安心感と新しい驚きを同時に与えてくれます。まだ誰も見たことがない、新しいエンターテイメント作品が出来ると日々実感しています」と手応えをのぞかせた。

 また原作者の平山も「まさか自分の小説を原作に蜷川実花さんが監督をし、藤原竜也さんが主演してくださるとは未だに信じられない。これは同時に蜷川幸雄先生の愛娘、愛弟子による真剣勝負の舞台に本作が選ばれたことも意味しているのだ」と喜びの声を寄せている。

 映画『Diner ダイナー』は2019年に全国公開。

関連記事

あなたにおすすめのビデオ&コミック

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最新ニュース

新作ビデオ

  • 【先行配信】ダークタワー
  • 【先行配信】gifted/ギフテッド
  • ジオストーム
  • はんなりギロリの頼子さん
  • 一礼して、キス
  • 【先行配信】カンフー・ヨガ
  • 映画「聲の形」
  • あさひなぐ
  • 【先行配信】シェイプ・オブ・ウォーター
  • 【先行配信】スリー・ビルボード
  • グレイテスト・ショーマン
  • ミックス。

新作コミック

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access