クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

石原さとみ、ラジオ番組で味わった“挫折” 「清純派」の制約も

エンタメ

  • twitter
  • facebook
石原さとみ
石原さとみ クランクイン!

 女優の石原さとみが9日、『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ/毎週月曜から木曜8時30分)にゲスト出演し、憧れだったラジオ番組で味わった“挫折”について語る場面があった。

【写真】かわいさハンパない! 16歳の石原さとみがみせるセーラー服姿

 同日スタートのドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系/毎週火曜日22時)に出演する石原。番組では、パーソナリティーの伊集院光と同作の舞台裏などさまざまなトークを繰り広げる中、石原が「挫折でした」と語ったラジオ番組の話題に。

 子どものころから聴き親しみ、大好きだったというラジオの仕事。そんな石原だが、いざ自分のラジオ番組を持ったものの、「夢と違った」という。番組は1人でのフリートーク主体だったというが、当時は仕事しかしていなかったこともあり、上手くトークを展開できなかったという。

 さらに当時は「清純派で売ってて」いたこともあり、“言ってはいけないことの制約”も多く、将来の夢や理想しか話してはいけなかったという。石原は、ラジオで何を話していいか分からなくなったと当時を振り返った。

 また、当時は「好きな曲も分からなくなった」という。音楽ではゆずやGLAYが大好きという石原。ラジオ番組では全曲かけたいほど好きだったというが、彼らの楽曲ばかりをかけることは許されず、自分でチョイスする「好きな曲」を見つけなければいけない状況に追い込まれたそう。番組終了時には「(自分の)好きな音楽が分からない」という状況だったと振り返った。
 
 そうした“挫折”のあと、石原の転機の1つとなったのは担当マネージャーが代わったことのよう。それまではトーク番組や舞台挨拶などでも話す内容をマネージャーに事前に相談していたというが、新しいマネージャーには「報告する必要ないから。(当時のキャリアの)8年で基盤はできてるでしょ。何しゃべったっていいよ」と告げられたそう。その後、仕事の打ち上げのコメントを考えながらしゃべったところ、泣けてきたそう。「自分でそのとき思ったことをしゃべったと思って。そしたらそっから、人前でしゃべることが楽しくなってきたんです」と当時を振り返っていた。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access