クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ベルリン国際映画祭W受賞『37セカンズ』、特報&シーン写真解禁

映画

  • twitter
  • facebook
映画『37セカンズ』メインカット
映画『37セカンズ』メインカット(C)37Seconds filmpartners

関連 :

神野三鈴

大東駿介

渡辺真起子

 第69回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門最高賞となる観客賞と国際アートシアター連盟(CICAE)賞をダブル受賞したHIKARI監督の初長編監督作品『37セカンズ』が、2020年2月より全国順次公開されることが決定。特報と場面写真5点が解禁された。

【写真】23歳、止まっていた時間が動き出す『37セカンズ』場面写真

 本作は、身体にハンディキャップのある女性が自己表現を模索してもがきながらも、さまざまな人たちと出会うことで成長していく姿を描く。主演は身体に障害を持つ女性たちを全国で一般公募し、約100名の応募者の中から監督に見いだされた佳山明。本作が演技初経験となるが、神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子ら実力派俳優たちがリアリティーあふれる演技で脇を固める。監督は、18歳から渡米して映画を学び、本作が長編デビュー作となるHIKARI。

 ベルリン国際映画祭やトロント国際映画祭をはじめとする世界各地の映画祭から招かれ、2019年東京国際映画祭のJapan Now部門にも選出。10月に開催された第42回ミルバレー映画祭ワードシネマ部門マインド・ザ・ギャップにて観客賞を受賞、ストリーミング配信Netflixでの海外配給も決定している。

 生まれた時にたった37秒間呼吸が止まっていたことが原因で、手足が自由に動かない体になった主人公・貴田ユマ(佳山)。親友の漫画家のゴーストライターとして働くユマは、自分の作品として出せないことへの寂しさや歯がゆさ、そしてユマに対し過保護になってしまうシングルマザーの母・恭子(神野)との生活に息苦しさも感じていた。

 自分にハンディキャップがあることをつきつけられる日々の一方、23歳の女性として望んでいいことだってあるはず…。そんな思いの狭間で揺れる日々のなか、ある出来事をきっかけに、ユマの人生は大きく変わり、自らの力で新しい世界を切り開いていくことになる。

 特報では、自身の不自由な体のために風呂や外出などの日常のささいな動作も常に母親と一緒に過ごさなければならず、大好きな漫画家の仕事も親友の“ゴーストライター”として過ごさなければならないユマの人生に対するもどかしさを感じさせるシーンが描かれる。後半では、男性とのドライブで楽しそうなユマの笑顔も映し出されており、人と出会うことで、止まっていた彼女の時間が自分の手によって再び動き出すことを予感させる映像となっている。

 映画『37セカンズ』は2020年2月より全国順次公開。

映画『37セカンズ』特報

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access