クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

玉城ティナ、“人間ではない役”を募集? 「宇宙と地獄はやったので…」

映画

  • twitter
  • facebook
『地獄少女』公開記念舞台挨拶に登壇した玉城ティナ
『地獄少女』公開記念舞台挨拶に登壇した玉城ティナ クランクイン!

関連 :

玉城ティナ

橋本マナミ

森七菜

仁村紗和

大場美奈

楽駆

藤田富

白石晃士

 女優でモデルの玉城ティナが16日、都内で開催された映画『地獄少女』公開記念舞台挨拶に登壇。人間ではない役を演じたことに触れ、「意外と宇宙人もやっていたりして、宇宙と地獄はやったのでほか何かできるかな? と。もし何かあったらよろしくお願いしまーす(笑)」と、玉城ならではの挨拶をした。

【写真】ノースリーブで観客を魅了した玉城ティナ

 2005年、人気テレビアニメとして放映以降、コミック、テレビドラマなどメディア展開してきた『地獄少女』を実写映画化した本作。玉城は“地獄の復しゅう執行人”閻魔あいを演じる。

 舞台挨拶には玉城のほか、橋本マナミ、楽駆、森七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、藤田富、白石晃士監督が出席した。

 映画が公開を迎えたことについて、玉城は「ほっとした気持ち」と笑顔を見せながら、「SNSで感想をいただいたりして、受け取る方次第で感覚が変わる映画だと思いました」と反応についてコメント。

 本作で、骨女を演じた橋本は「初めての妖怪役で、初めての特殊メイク。“骨女は誰がやるの?橋本マナミか…”って賛否あったんです。けど、監督に言ったら“大丈夫だから、期待を裏切らない感じにするから”って。今のところ批判は届いていないので、よかった(笑)」と胸をなでおろす。白石監督も、「すごいエゴサーチしてるんですけど、骨女には(批判は)ないです!」と喜びを分かち合った。

 『貞子vs伽椰子』以来のタッグとなった玉城と白石監督。ダークな役柄をものともせず、演技の幅を広げ続けている玉城について、白石監督は「本当に素晴らしい役者さんになられて。玉城さんの作ってきたキャラクター像がどんぴしゃだったので、ほぼお任せでした」と全幅の信頼を語る。照れながらも玉城は、「言われなさ過ぎて本当に不安でした(笑)。けど、そう思っていただいて光栄です」と返すと、「頼もしい役者さんだなと思いました」と白石監督もさらなるエールを送っていた。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access