クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

柳楽優弥、阿部寛…オールスターキャストそろい踏み『HOKUSAI』特報&場面写真解禁

映画

  • twitter
  • facebook
映画『HOKUSAI』場面写真
映画『HOKUSAI』場面写真(C)2020 HOKUSAI MOVIE

関連 :

柳楽優弥

田中泯

玉木宏

永山瑛太(瑛太)

阿部寛

 俳優の柳楽優弥と田中泯がダブル主演を務め、葛飾北斎の人生を描く映画『HOKUSAI』より、柳楽と田中のほか、阿部寛、永山瑛太、玉木宏らオールスターキャストが登場する特報と場面写真が解禁された。

【写真】映画『HOKUSAI』フォトギャラリー

 本作は、米LIFE誌が選ぶ「この1000年で偉大な業績を残した100人」で唯一の日本人として選出されるなど、世界で最も有名な日本人のひとりである北斎の知られざる生涯にはじめて焦点を合わせた作品。青年期の北斎を目覚めさせた版元・蔦屋重三郎と、老年期の北斎のパートナーとなる人気戯作者・柳亭種彦とのエピソードを軸に、“人間・北斎”と、彼が描いた“3つの波の秘密”が生まれるまでの物語を描く。柳楽が青年期の北斎を、田中が老年期の北斎をそれぞれ演じる。監督は『探偵はBARにいる』シリーズの橋本一。

 今回解禁された特報は、北斎の人生のキーマンとなる蔦屋重三郎(阿部寛)、喜多川歌麿(玉木宏)、柳亭種彦(永山瑛太)の姿を初披露したもの。北斎の代表作である「冨嶽三十六景」の一図、「神奈川沖浪裏」がダイナミックにうねるアニメーションで映像は始まる。

 続いて「北極星にちなんでつけたんだ。たったひとつ決して動かねえ星だ」と自らの名前の由来を稀代の版元(プロデューサー)・蔦屋重三郎(阿部)にまっすぐなまなざしで語る青年期の北斎(柳楽)、「勝負してえんだ、世の中とよ」と老いてもなおさらなる高みを目指して目をギラつかせる老年期の北斎(田中)、さらに北斎を取り巻く豪華キャストの姿が次々と映し出される。

 北斎が生きた江戸時代後期は激動の時代。風紀の乱れを正すべく、幕府によって風俗が厳しく取り締まられていた当時において、町人文化を彩った浮世絵もまた規制の対象だった。最後は、表現者にとって不自由な生き方を強いられる世の中であっても、「俺は俺の好きに描く」と画狂人生をまい進する北斎の決意のセリフで締めくくられている。

 特報と併せて解禁された場面写真は8点。一心不乱に作品づくりに没頭する青年期と老年期の北斎、若き北斎と対峙しのちにその才能を見出す蔦屋重三郎、妖艶なまなざしで花魁を描こうとする美人画の大家・喜多川歌麿、柳亭種彦の書いた書物に目を落として言葉を交わす老年期の北斎と種彦の姿などが捉えられている。そのほか、「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」を手に取る芸者の姿たちを捉えた場面もあり、“あの波”が当時の人々の心も動かしたのが伝わってくるような写真となっている。

 映画『HOKUSAI』は5月29日全国公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access