クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

Matt、楽屋で母親と抱き合って涙…音楽活動秘話を明かす

映画

  • twitter
  • facebook
映画『ジュディ 虹の彼方に』公開直前イベントに登場したMatt
映画『ジュディ 虹の彼方に』公開直前イベントに登場したMatt クランクイン!

 タレントのMattが3日、都内で行われた映画『ジュディ 虹の彼方に』の公開直前イベントに出席。音楽活動を通して伝えたいことを明かした。イベントでは生歌唱を披露し「緊張した」と笑顔を見せた。

【写真】ホワイトのスーツ姿で登場したMattが生歌披露

 本作は、映画『オズの魔法使』で、17歳にして一躍スターダムを駆け上がり、伝説のミュージカル女優として知られるジュディ・ガーランドの実話を描いた作品。47歳の若さでこの世を去る最期の半年間、1968年の冬に行われたロンドン公演の日々を描いている。

 Mattは同作の感想を「人間ってある意味平等だなと思っていて。有名になることは素晴らしいことなんですけど、その裏にはいろんな苦労だったり、人が離れていったりとか…」とコメント。「ジュディの一生は、ジュディだけでなく、みなさんに通づるものがあるのかなと思って、すごく感動しました」と語った。

 歌手デビューも果たしたMattは、「一番長くやってきて、一番やりたかったこと」と笑顔。歌で伝えたいことを「歌を通してもそうですし、メイクを通しても、僕は自信がなかったり、個性をつぶされてしまった人たちを押してあげて、自信を持って生きてほしいというテーマがあって。すべてを通してそれが伝わってくれたらいいなと思ってます」と熱弁した。

 音楽活動に関して家族も喜んでくれたそうで、ジェジュンのライブでピアノの伴奏を務めたときには、楽屋で母親と抱き合って涙したと明かした。音楽を始めたきっかけは、父・桑田真澄が肘の手術をした際、リハビリとしてやっていたピアノだったと告白。「それを後ろから見ていて。家にピアノがあったので、独学で始めて」と明かした。

 また、イベントやライブが無観客開催や、中止になっていることについては「皆さん、お家で待機だったりもあると思うので、その中で楽しみを見つけたり、普段気付かなかったことに気付けたりとかすると思う。結構、皆さんネガティブになりがちだと思うので、ポジティブに生きてほしいなと思います」と呼び掛けた。

 Mattは、ジュディの代表曲である「オーバー・ザ・レインボー」をオリジナルアレンジで歌唱。のびやかにしっとりと歌い上げ、報道陣を魅了し、パフォーマンス後は「ドキドキして途中震えました」と笑顔を見せた。

 映画『ジュディ 虹の彼方に』は3月6日より全国公開。

レネー・ゼルウィガーが伝説のミュージカル女優になりきる『ジュディ 虹の彼方に』予告

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access