クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『半沢直樹』おネエ黒崎にはモデルがいた 片岡愛之助が明かす

エンタメ

  • twitter
  • facebook
片岡愛之助
片岡愛之助 クランクイン!

 俳優の片岡愛之助が4日放送の『ぴったんこカン・カン』(TBS系/毎週金曜20時)にゲスト出演。トークの中で片岡が、現在放送中のドラマ『半沢直樹』(TBS系/毎週日曜21時)で演じている金融庁の黒崎について、モデルの存在を明かす一幕があった。

【写真】おネエ黒崎の必殺技! “急所づかみ”

 片岡は、ドラマの中で演じている役柄同様にスーツで登場し、進行役の安住紳一郎アナウンサーとトークを展開。安住アナは片岡に、黒崎役としてキャスティングされたときのことを質問。片岡は演出を担当する福澤克雄監督から直々に電話で出演オファーを受けたそうで、そこで金融庁の黒崎がオネエという設定であることを聞かされたとのこと。

 オファーを受けた当初、片岡は自身の役柄について「やる自信がなかったですし…」と話し、黒崎役での出演に戸惑いがあったそう。しかし福澤監督から“やってくれないとこのドラマが進まないんだよ!”と説得を受け、さらに原作小説の面白さにも後押しされてオファーを快諾したという。

 そんな片岡は、黒崎のオネエっぽさをどう作ろうか考えたときのことを振り返ると「ふと横を見たら、うちの弟子の片岡愛一朗というのがいまして」と語り、続けて「彼はオネエじゃないですよ、女形なので物腰が柔らかなので、そこをデフォルメしていったらいいんじゃないかなということで」と、黒崎のモデルが身近にいたことを明かしていた。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access