クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

のん&橋本愛、『私をくいとめて』で7年ぶり共演「とてつもなく照れました」

映画

  • twitter
  • facebook
映画『私をくいとめて』メイキング写真
映画『私をくいとめて』メイキング写真(C)2020「私をくいとめて」製作委員会

関連 :

のん

橋本愛

 女優ののんが主演を務める映画『私をくいとめて』に、女優の橋本愛が出演することが発表され、併せて本予告とビジュアルも解禁された。のんと橋本が共演するのは、2013年放送のNHK連続テレビ小説以来7年ぶり。2人がピースサインをするメイキング写真も公開され、今回の再共演にのんは「とてつもなく照れました」と語っている。

【写真】橋本愛、髪の毛の一部をピンク色に! 映画『私をくいとめて』出演シーン

 芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写化する本作は、脳内に相談役が《爆誕》した31歳おひとりさまと年下男子の、あと1歩近づけないむずがゆい恋模様を描く崖っぷちロマンス。監督は大九明子が務める。今回、大九組には初参加となるのんが脳内に相談役「A」をもつ31歳おひとりさま・みつ子を、俳優の林遣都がみつ子が恋をする取引先営業マンの年下男子・多田くんをそれぞれ演じる。

 本作で橋本が演じるのは、イタリアに嫁いだみつ子の親友・皐月。映画オリジナルの設定で妊婦のキャラクターだ。再びのんと親友役で共演した橋本は「あまりに久しぶりで、最初はとても照れました。それに、昔の私は相当やりづらかっただろうなという、懺悔の気持ちを常に持っていました(笑)。でも今回、役としてお互いが目を合わせたときの、電気が走るような、心が通じる感覚。鮮烈でした。声を発して会話しづらい中、心の会話の気持ちよさを強く感じました。超超楽しかったです」とコメント。

 対するのんも、撮影を振り返り「かなり久しぶりに共演させていただいたので、とてつもなく照れました。最初は、目を合わせただけでドキドキしちゃうくらい恥ずかしかった! その時の私は、好きな人にうまく話せない男の子のようでした。でも、愛ちゃんの方から本読みをしたいと声をかけてくれて、みつ子と皐月のやりとりで心を通わせることができたように思います。そして何と言っても再び親友役。これ以上ない相手でした。楽しかった!」と再共演の喜びをにじませた。

 本予告は、脳内に相談役「A」を持つ、31歳のおひとりさま・みつ子(のん)が、年下営業マン・多田くん(林)との恋に一喜一憂する姿を収録。2人で食事に行くわけでもなく、時々彼に手料理を作っておすそわけするだけ、という微妙な関係のふたり。多田くんの気持ちを確かめたいと思うものの、20代の頃のように一歩踏み出すことができないみつ子は、脳内相談役「A」に自虐やぼやきを炸裂させる。
 
 さらに映像の終盤では、心乱されたみつ子が、感情をぶちまけながら涙を流す姿も。これまで圧倒的な透明感で人々を魅了してきたのんが、久々の恋心をもてあます、人間味あふれる不器用なヒロインを体現する姿に思わず引き込まれ、その恋の行方に興味が高まるような本予告となっている。

 また、本予告で流れる劇中歌は大滝詠一の名曲「君は天然色」。今もなお時代を超えて多くの人に愛され続ける同曲が、この映画のために5.1chサラウンドでニューミックス。心地良く軽やかなメロディが映像にやさしく溶け込み、トキメキに慌てるみつ子の姿を色鮮やかに映し出している。

 映画『私をくいとめて』は12月18日より全国公開。

映画『私をくいとめて』予告編

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access