クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

公開まで1ヵ月!『トータル・リコール』4Kリマスター版、名シーン収めた場面写真公開

映画

  • twitter
  • facebook
映画『トータル・リコール』4Kデジタルリマスター版場面写真
映画『トータル・リコール』4Kデジタルリマスター版場面写真(C) 1990 STUDIOCANAL

関連 :

アーノルド・シュワルツェネッガー

シャロン・ストーン

ポール・ヴァーホーヴェン

 俳優アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画『トータル・リコール』が、1990年12月1日の日本公開から30年を経て、4Kデジタルリマスター版で11月27日より全国公開される。公開まで1ヵ月を切り、この度本作の名シーンの数々を切り取った場面写真が公開された。

【写真】シュワちゃん、鼻から発信装置を取り出す&ロボット運転手のタクシーも 『トータル・リコール』名場面より

 『ブレードランナー』の原作者としても知られるフィリップ・K・ディックのSF小説『追憶売ります』を実写化した本作は、『ロボコップ』のポール・バーホーベンを監督に迎え、当時の最高額となる7000万ドルの製作費を投入して制作された。スクリーン一面に映し出される真っ赤な火星での大冒険や激しいバイオレンス描写、そしてシュワルツェネッガーによるスーパーアクションが人気を呼び、全米はじめ世界各地で大ヒット。名シーンの数々は映画ファンに大きな衝撃を与えた。

 2084年、地球で妻のローリーと幸せに暮らすダグ・クエイド(シュワルツェネッガー)は、毎日のように火星の夢を見て、行ったこともないはずの火星に取りつかれていた。ある日、記憶を植え付けることで地球にいながらにして、安全に火星でのバカンスの記憶が得られるという<リコール社>の広告を目にしたクエイドは、同社を訪ねる。極秘諜報(ちょうほう)員として火星を冒険するコースを選んだクエイドは、ついにリコール・マシーンにその身をゆだねるが…。

 場面写真には、リコール・マシーンによる記憶旅行に失敗したクエイドが拒絶反応を起こし暴れるシーンや、妻であるはずのローリー(シャロン・ストーン)との激しいアクションシーンが切り取られている。また、地球で登場するロボット運転手“ジョニー・キャブ”が運転するタクシーでの移動シーンも収められている。

 訳も分からぬまま命を狙われることとなったクエイドは、もう一人の自分・ハウザーからの指示で、頭に埋め込まれている発信装置を鼻から取り出し、追っ手からの追跡を逃れることに成功する。鼻から巨大な発信機を取り出すシーンでは、特殊メイクを担当したロブ・ボッティンによるアニマトロニクスを駆使している。

 ハウザーの指示でついに火星にやってきたクエイドは、ある驚きの方法で火星の入国審査を切り抜けようとする。本当の自分の失われた記憶とは…。

 映画『トータル・リコール』4Kデジタルリマスター版は、11月27日より全国公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access