クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

シュワルツェネッガー熱演 狂い咲くバイオレンス! 常識を超えたSF映画『トータル・リコール』

映画

映画『トータル・リコール』4Kデジタルリマスター版場面写真
映画『トータル・リコール』4Kデジタルリマスター版場面写真(C) 1990 STUDIOCANAL

 初公開から実に30年、『トータル・リコール』が映画館に帰ってくる。言わずと知れたアクション・ヒーロー、アーノルド・シュワルツェネッガーと、オランダから来たバイオレンスの巨匠、監督ポール・ヴァーホーヴェン。このふたりが最初で最後の電撃合体を果たした1990年の時点で、『トータル・リコール』はすでに映画史における大事件といえた。それが4Kリマスターの超高画質で、いま大スクリーンによみがえる。映画界の内外を問わず、なかなか明るいニュースのなかった2020年にあってこれはとんでもない朗報だ。との思いをかみ締めつつ、改めて同作を観直してみて、これはやはり大事件だとの思いを新たにする(まあ半期に一度は再見して、毎度同じことを考えているのだが)。

【写真】初公開から30年! 映画館に帰ってきた『トータル・リコール』4Kリマスター版フォトギャラリー

■『ターミネーター2』直前に沸点を迎えていたシュワルツェネッガー・アクション

 なにしろ90年当時のシュワルツェネッガーといえば、飛ぶ鳥を(重機関銃で片っ端から撃って)落とす勢いでばく進していた、押しも押されもせぬ肉弾スターであった。そんな男のキャリアは翌91年の『ターミネーター2』でいよいよ頂点に達するが、直前でその暴力性とかわいげとが狂い咲いたのがこの『トータル・リコール』であったといえる。万人が認める最高傑作の、ひとつ前の作品にこそ、アーティストの真価が凝縮されている…という話をかねてから提唱している。音楽の話で例えれば、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの到達点といわれるアルバム『ブラッド・シュガー・セックス・マジック』(91年)はたしかに名盤ではある。だがその前の『母乳』(89年)のほうがよりタイトで無駄がなく、バンドが本来持っていた荒々しい魅力に溢れていた、と思う。同じことを『トータル・リコール』を観るたびに思う。

(C) 1990 STUDIOCANAL
 実存SFの第一人者、フィリップ・K・ディックの短編『追憶売ります』を原作にした映画である。何の変哲もない主人公の人生が、実は何者かによって造られた偽りの記憶でしかなかった…という小説。本来は気弱で冴(さ)えない普通の男が主人公であった物語は、偉丈夫シュワルツェネッガーを主演に迎えたことで、より予測不能な展開を見せることになる。オーストリアからやってきた暴力の権化としてハリウッドを席捲(せっけん)したシュワルツェネッガーの、あまりに危険な存在感。今回はこの男が未来世界でアイデンティティを見失い、自分自身の正体を探し求めて奔走する。当然、その行く先々にはバイオレンスの華が咲く。謎に満ちた物語のなかで不意に乱闘が起こったかと思えば、次の瞬間には地面にいくつもの死体が転がっている。または激しい銃撃戦に巻き込まれ、蜂の巣にされて痙攣(けいれん)する、通りすがりの一般人。ちぎれ飛ぶ悪漢の両の腕。さらに主演俳優の鼻の穴から飛び出す巨大なりんご飴のような物体。

(C) 1990 STUDIOCANAL
 『ターミネーター』に『コマンドー』、『プレデター』などなど、シュワルツェネッガー・アクションには毎度歓声を上げてきたが、その主演作においてここまで直裁で、もはや視覚ギャグの域にまで達した暴力表現は見たことがなかった。どこへ連れて行かれるのか分からない展開、当時最高峰の技術を駆使した特殊効果が作り出す未来世界(それはいつか見たことのあるようなものでありつつ、実はどこでも見たことのないものだ)。そしてあまりに激しいバイオレンスが渾然一体となって、何度観ても不思議な酩酊(めいてい)感に襲われる。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv