クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『映画 えんとつ町のプペル』冒頭3分をノーカット公開 プペル誕生シーンも

アニメ

  • twitter
  • facebook
『映画 えんとつ町のプペル』メインビジュアル
『映画 えんとつ町のプペル』メインビジュアル(C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会

関連 :

芦田愛菜

西野亮廣

 『映画 えんとつ町のプペル』より、女優の芦田愛菜が演じる少年ルビッチのナレーションで始まる冒頭シーンが、約3分間ノーカットで解禁された。

【写真】『映画 えんとつ町のプペル』場面写真

 キングコング・西野亮廣原作の絵本をアニメ化する本作は、いつも厚い煙に覆われ、空を知らない「えんとつ町」を舞台に、えんとつ掃除屋の少年ルビッチと、ゴミから生まれたゴミ人間プペルが巻き起こす、“信じる勇気”の物語。アニメーション制作をSTUDIO4℃が手がける。

 煙突だらけの「えんとつ町」では、そこかしこから煙が上がり、頭の上はモックモク。黒い煙に覆われた町の住人は、青い空を知りやしない。輝く星を知りやしない。そんな町に生きる、親を亡くした少年ルビッチのもとに、ハロウィンの夜、ゴミ人間プペルが現れた…。

 解禁された映像は、まるで絵本の読み聞かせのように優しい言葉遣いで話すルビッチ役の芦田の声で始まる。どこか懐かしさも感じる映像の中で、ルビッチの父ブルーノが紙芝居で披露するのは、物語の中心となる「黒い煙のその先にある光輝く世界の話」。「これは、夜の街の最後の夜の物語」というナレーションを締めくくる言葉が、これから始まる壮大な冒険物語を予感させる。

 本映像には、ゴミ人間プペルの誕生シーンも含まれている。煙に覆われた空に突然現れた光る物体が、えんとつ町にものすごい勢いで落下し、ゴミ山に衝突。その光る物体が巻き起こす竜巻から生まれてきたのが「ゴミ人間」だ。一体なぜプペルは誕生したのか? ルビッチとどのように出会い、そしてえんとつ町にどのような影響を与えるのか? 約3分間という冒頭ノーカットシーンを見るだけでも、本作のクオリティーの高さがうかがえる。

 『映画 えんとつ町のプペル』は12月25日より全国公開。

『映画 えんとつ町のプペル』冒頭180秒ノーカット本編映像

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv