クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

岡田将生×川口春奈『聖地X』、恐怖に満ちた予告解禁 真木よう子ら追加キャストも発表

映画

 俳優の岡田将生が主演、女優の川口春奈がヒロインを務めるホラー映画『聖地X』が、11月19日より劇場と配信で同時公開されることが決定。予告編とポスターが解禁されたほか、真木よう子、緒形直人ら追加キャストも発表された。

【動画】『聖地X』予告編

 本作は、演出家・前川知大が主宰する劇団イキウメの人気舞台『聖地X』を、映画『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』の入江悠監督がメガホンをとり映画化。企画を「恐怖の村」シリーズ『犬鳴村』『樹海村』のプロデュースチームと、『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』『見えない目撃者』などを手掛けたロボットが担当する。物語の舞台は韓国で、オール韓国ロケを実施。現場では『犯罪都市』『悪人伝』など数々の韓国映画を手掛けたB.A.エンタテインメントが参加し、日韓融合のスタッフで共同制作した。

 今回発表された追加キャストは、真木よう子、緒形直人、渋川清彦、山田真歩、薬丸翔。さらに韓国から、パク・イヒョン、パク・ソユン、キム・テヒョンが参加することも明かされた。

 小説家志望の輝夫(岡田)は、父親が遺した別荘のある韓国に渡り、悠々自適の引きこもりライフを満喫中。そこへ結婚生活に愛想をつかした妹の要(川口)が転がり込んでくる。そんな中、要は韓国の商店街で日本に残してきたはずの夫・滋(薬丸)を見かける。その後を追ってたどり着いたのは、巨大な木と不気味な井戸を擁する和食店。無人のはずの店内から姿を現したのは、パスポートはおろか着の身着のまま、記憶さえもあやふやな滋だった。

 輝夫と要は別荘で滋を取り押さえ、東京にいる上司の星野(真木)に連絡すると、滋はいつも通り会社に出勤していると言われる。では韓国にいる滋のような男は一体誰なのか? さらに妻の京子(山田)が謎の記憶喪失に襲われたという和食店の店長・忠(渋川)は「この店やっぱり呪われているかもしれません」と言い出す。日本人オーナーの江口(緒形)の話から、この店の建っている土地では、過去にも同じように奇妙な事件があったことが判明する。

 負の連鎖を断ち切るため、強力なムーダン(祈祷師)がお祓いを試みるも、封印された“気”の前には太刀打ちできない。この地に宿るのは神か、それとも悪魔か。果たして彼らはここで繰り返されてきた数々の惨劇から逃れ、増幅し続ける呪いから解放されることはできるのか。

 予告編は、韓国で暮らすことになった輝夫と要が、呪われた“聖地”で次々と怪異に襲われていく様子を緊迫感たっぷりに映し出したもの。ポスターは、“聖地”らしき風景を背景に、輝夫と要が前をじっと見据えながら佇む姿を捉えた不穏な雰囲気漂うデザインとなっている。

 本作への出演について、真木は「入江監督の作品であるなら、何の役でも出演したいと思いオファーを即決で受けました。撮影を終えてやはり間違いない作品になったと確信しています」、緒形は「入江監督は常にチャレンジしているという印象があります。この作品で初めてご一緒させて頂きましたが、入江組にしかない現場の張りが心地良かったです」と語っている。

 映画『聖地X』は、11月19日より劇場・配信で同時公開。

 今回発表された追加キャストのコメント全文は以下の通り。

1ページ(全2ページ中)
映画『聖地X』予告編

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv