クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

中村倫也、向井理を一番のクセ者と断言「ボケがわかりづらい」

映画

  • twitter
  • facebook
中村倫也、映画『ウェディング・ハイ』完成披露舞台あいさつに登場
中村倫也、映画『ウェディング・ハイ』完成披露舞台あいさつに登場 クランクイン!

関連 :

篠原涼子

中村倫也

関水渚

岩田剛典

中尾明慶

向井理

高橋克実

大九明子

 女優の篠原涼子や中村倫也が18日、都内で開催された映画『ウェディング・ハイ』完成披露舞台あいさつに、関水渚、岩田剛典、中尾明慶、向井理、高橋克実、大九明子監督とともに登壇。自身のクセやクセ者だと思う共演者を明かす一幕があった。

【写真】中村倫也に“クセ者”認定された向井理

 バカリズムのオリジナル脚本となる本作は、結婚式を舞台に繰り広げられる群像コメディー。絶対にNOと言わない敏腕ウェディングプランナーの真帆(篠原)が、クセ者参列者たちの熱すぎる思いが大暴走する新郎・彰人(中村)と新婦・遥(関水)の結婚式を成功させるために奮闘する姿を描く。

 主演を務める篠原は本作について「とても心温まる素晴らしいエンターテイメント映画が完成しました。笑いが絶えない作品」とアピール。また、「台本がすごく面白くて読みやすくて、スラスラページをめくってしまう感じで。舞台みたいな感覚のドタバタ劇で、撮影中はすごく楽しく、リラックスしてやらせていただきました」と笑顔で語った。

 クセ者そろいのキャラクターが勢ぞろいする本作。中でも岩田は大九監督が「これをやるの?」と驚いたという新婦の元カレ・裕也を演じており、劇中ではさまざまなポーズに挑戦。中尾から「映画を観た個人的な感想として、がんちゃん(岩田)のお尻が超キレイ」と報告されると、岩田は「撮影の時、結構だらしない体してましたけど」と謙遜するが、大九監督から「またまたね~」とつっこまれ照れ笑い。また、印象的なシーンを聞かれた大九監督が岩田の温泉のシーンを挙げると、「すっぽんぽんでしたね」と苦笑いしていた。

 クセ者ぞろいの結婚式という設定にちなみ、自身や共演者のクセ者ポイントを明かす一幕も。篠原は自身のクセを「指をすごく鳴らしてしまう」と告白。中村から「そう言われれば鳴らしてたかも」とつっこまれると、「スッキリするんです」と恐縮しきり。

 また、中村は交友のある向井を「この中で一番クセが強い」と言い、「ボケがわかりづらい。小声でずっとボケてる」と一刀両断。向井は中村の指摘に「自覚はあります」と認めるも、「倫也くんも変わってる」と逆に反論。続けて、「ほわっとしているように見えて、ものすごく熱い一面がある。去年、舞台で共演した時に、千秋楽を迎え最後のあいさつが終わった瞬間に、30名くらいのキャスト全員と熱く握手を交わしてた。熱い気持ちがある人だけど、それを見せない」と中村の一面を打ち明けていた。

 映画『ウェディング・ハイ』は3月12日より全国公開。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv