クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

<オードリー・ヘプバーン>映画史に残るアイコニックな衣装を振り返る

映画

  • twitter
  • facebook
『ローマの休日』(1953)
『ローマの休日』(1953) 写真提供:AFLO

 “永遠の妖精”と呼ばれ、世界中から愛されたオードリー・ヘプバーン。彼女の知られざる物語が語られるドキュメンタリー映画、その名も『オードリー・ヘプバーン』が公開された。美の概念を変えたと称される彼女には、今も記憶に残るアイコニックな衣装がいくつも存在する。その数々を振り返ってみよう。

【写真】美しいオードリー・ヘプバーンにうっとり アイコニックな衣装の数々 ★『ローマの休日』(1953)

 ローマを訪れた王女さまの逃避行とひと時の恋を描き、オードリーの名を世界中に知らしめた本作。堅苦しい王室の暮らしから逃れ、ローマの街でしばし自由を満喫するプリンセスが着るのは、シンプルな白いブラウスとミディ丈スカートというなんてことない優等生スタイル。それなのに、ローマの暑さに袖をまくり、襟元に足したスカーフと、オードリーの細いウエストをマークするベルトの効果か、一度見たら忘れられないルックに。グレゴリー・ペック演じる新聞記者を乗せてベスパで疾走するシーンは、記憶にあまりにも色鮮やかで、映画がモノクロだったなんて信じられないほど。

『ローマの休日』(1953) 写真提供:AFLO
 生き生きした町娘ルックと対照的なのが、映画の冒頭、歓迎舞踏会のシーン。プリンセスとして大勢にかしずかれ、豪華なドレスに身を包み、宝石輝くティアラを冠したオードリー。輝かんばかりの衣装なのに、その表情は堅く寂し気なのが印象的。

★『麗しのサブリナ』(1954)

『麗しのサブリナ』(1954) 写真提供:AFLO
 ハンフリー・ボガート演じる大富豪と、運転手の娘の身分違いの恋を描く『麗しのサブリナ』。本作からは、タイトルを冠した「サブリナパンツ」が誕生した。クロップド丈のパンツは、オードリーの細いウエストを強調するように、腰回りが少しゆったりしたライン。合わせた黒のニットは、一見シンプルだけど、背中が開いた攻めのデザイン。これにバレエシューズを合わせるのがオードリー流。簡単に真似できそうなのに、いざ試してみたらきっと違うものになってしまう、計算しつくされたコーデ。

『麗しのサブリナ』(1954) 写真提供:AFLO
 本作を代表する、もうひとつのアイコニックなルックが、ユベール・ド・ジバンシィがデザインした黒の刺繍と、裾に黒いラッフルがあしらわれたストラップレスドレス。お転婆娘だったサブリナが美しい大人の女性に成長したことを、登場人物と観客に知らしめる大事なシーンで、完璧にその役割を果たした。本作でジバンシィの名がクレジットされることはなかったものの、これを機に2人の友情がスタート。以降、スクリーンの内外で幾度となくコラボが生まれるきっかけとなった記念すべき一枚でもある。

次ページ

★『パリの恋人』(1957)

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv