クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

二階堂ふみ、沖縄での原体験と役に没入する姿勢で『西郷どん』好演

エンタメ

『西郷どん』で奄美に生きる女性を好演した二階堂ふみ
『西郷どん』で奄美に生きる女性を好演した二階堂ふみ クランクイン!

 NHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK/毎週日曜20時ほか)で、奄美に生きる女性・とぅま(後に愛加那に改名)を好演した二階堂ふみ。彼女について、西郷吉之助役の鈴木亮平は「感性の化け物」さらには「底の見えない人」と評している(NHK『あさイチ』5月25日)。尽きぬ魅力はどこからきているのか。知られざる原点と進化に迫った。

【写真】幅広い役柄を演じてきた二階堂ふみ、『ヒミズ』から今までのフォトギャラリー

●愛加那を演じさせた二階堂のルーツ

 凛とした佇まいで違和感なく奄美言葉を話す彼女の演技は、南の島の美しさとともに視聴者に大きな感動を与えた。「私の故郷の沖縄の言葉に少し似ていたので、その点はありがたかったです」(『エンタメOVO』インタビューより)と語るとおり、彼女は沖縄・那覇生まれ。もともと言葉に親和性はあったが、「奄美は薩摩藩の支配下になる前は、琉球王国に支配されていたということを知っていて…。簡単には言い表せないような歴史背景があったんだろうなと感じてはいたんですけれど、沖縄出身の身としては、複雑な思いがあったんです」(『Movie Walker』インタビューより)とも語っている。

 二階堂にとって、15歳まで過ごした自身のルーツにも深く関わる重要な役となった愛加那。去年、レギュラー出演していた『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー“グルメチキンレース・ゴチになります!”の卒業を突然発表して賛否を呼んだ彼女だが、その決断の裏には、もしかしたらこの役に懸ける思いがあったのではないだろうか。

●キャリアの“土台”は少女時代に

 そんな彼女を育てたのは、幼い頃から触れてきた数々のカルチャー。映画好きの母に連れられ地元の映画館に足しげく通っていた彼女は、映画だけでなく劇場内にある書店で漫画や写真集にも触れた。同じく連れて行ってもらった地元のライブハウスで、オールディーズ(1950年代~1960年代の洋楽)をも知ったという。デビューのきっかけはスカウトだが、キャリアの土台はその頃からすでに彼女の中にあったと言えるだろう。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv