クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

恋も名言も大渋滞! 『おっさんずラブ -in the sky-』ここまでの名ゼリフ5選

エンタメ

『おっさんずラブ‐in the sky‐』
『おっさんずラブ‐in the sky‐』(C)テレビ朝日

 21日放送の最終回に向けて、航空会社を舞台にしたラブバトルも大混戦の様相を呈している『おっさんずラブ -in the sky-』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)。物語には、春田役の田中圭をはじめとしたおなじみの面々に加えて山崎育三郎も参戦し、恋愛バトルロイヤルも大づめ。そんな男たちの複雑な胸中から発せられた、ここまでの名言の数々をまとめてみた!

【写真】名シーンが大渋滞! これまでの『おっさんずラブ‐in the sky‐』&第7話の気になる2ショットも

■ 「1回寝たぐらいで本気にしてんじゃねえよ」(by成瀬竜)

 第1話の終盤、副操縦士の成瀬竜(千葉雄大)が成り行きで関係を持った男に対してさらりと言いのけた大胆な一言。第1話の時点では誰に対しても心を開かず、視聴者にとっては謎に包まれていた成瀬。彼が第2話以降、徐々に“デレ”ていく、その前振りとしての極上の“ツン”を感じさせてくれるのがこのセリフだ。成瀬のそれまでのドライかつ奔放な恋愛観が凝縮された言葉と言えるだろう。

■ 「こんなもの最後まで取っておく俺が…いっつもそうだぁ!!」(by四宮要)

『おっさんずラブ -in the sky-』より(C)テレビ朝日
 整備士のシノさんこと四宮要(戸次重幸)が最後のお楽しみにとっておいたケーキのイチゴを、橘緋夏(佐津川愛美)が無邪気にパクついた際に飛び出したのがこの言葉。第2話の時点で春田へ積極的にアピールしていた緋夏と、気持ちを隠し続けていたシノさんの人間性が垣間見える名ゼリフだ。ちなみに物語が進むごとに自らの気持ちに素直になっていくシノさんは、その健気さから、シリーズの“不動のヒロイン”こと黒澤武蔵(吉田鋼太郎)にも迫る視聴者の支持を獲得していく。

■「なんか放っとけねえんだよ!」(by春田創一)

『おっさんずラブ -in the sky-』より(C)テレビ朝日
 第3話の終盤、不仲だった父を亡くし、傷心の成瀬を思わず抱きしめた春田が、うまく説明できない自分の気持ちをなんとか言葉にしたセリフ。傘もささずに涙雨に濡れる成瀬と、戸惑いを覚えつつも彼を力の限り抱きしめる春田。そしてそんな光景を少し離れたところで偶然目撃してしまうシノさん…。この王道すぎる展開に、思わず身もだえした視聴者も多かったのでは。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv