クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

震災後を生きる――映画『風の電話』が紡いだ癒しと救済の物語

映画

 未曾有の災害をもたらした東日本大震災発生から今日3月11日で10年。かけがえのない家族や友人、大切な家や職場を失った被災者の方々は、この年月をどのような思いで生きてこられたのだろうか。現在公開中の『たゆたえども沈まず』や『漂流ポスト』、さらには昨年初春に公開され、今なお日本各地で再上映されている『風の電話』『Fukushima 50』など、震災をテーマにした映画が注目を集めているが、今回は、特集記事の執筆や監督・俳優インタビューを担当したご縁から、『風の電話』をひも解きながら、震災後を生きる方々の不安や葛藤に思いを寄せたい。(文:坂田正樹)

映画『風の電話』場面写真

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv