クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

傑作『エクソシスト』の恐怖を“深堀り” 母クリスの不安、汚されたマリア像の謎…原作小説から検証

映画

  • twitter
  • facebook
映画『エクソシスト』(1973)
映画『エクソシスト』(1973) 写真提供:AFLO

 愛らしい少女に憑依した悪魔と、神父たちの壮絶な闘いを描いた『エクソシスト』(1973)。日本では「映画史上最大の恐怖」を惹句に、1974年の夏休みに公開され、配給収入27億3000万円の大ヒット。同年の国内映画興行収入ランキングでは、16億4200万円を稼いだ2位の『燃えよドラゴン』(1973)以下を大きく引き離して首位を独走。本国アメリカではホラー映画として初めてアカデミー賞作品賞候補となり、全10部門にノミネートされる快挙を達成。世代を超えて今なお「最恐の1本」に君臨する大傑作だ。

【写真】少女の首が180度回転 『エクソシスト』(1973)フォトギャラリー ●新3部作も決定 今こそ原作小説に立ち返る!

 映画は続編と前日譚が作られ、お蔵出しの未公開映像を追加したディレクターズカット版を経て、テレビシリーズへと発展。現在は2023年公開予定のリメイクが進行中で、『ハロウィン』(2018年)のデヴィッド・ゴードン・グリーンが監督を務め、3部作となる構想が伝えられている。

 そんな今だからこそ、すべての出発点である原作小説に立ち返り、映画版との違いを再検証。恐怖映画の金字塔『エクソシスト』の魅力をディープに楽しむ「深堀り」ポイントをご紹介する!

映画『エクソシスト』(1973) 写真提供:AFLO
●原作に忠実な映画の冒頭 メリン神父が恐れる中東の悪霊

 実は『エクソシスト』はかなり小説に忠実な映画である。物語の本筋はどちらも巨大な太陽が茜色に空を焦がす中東イラクで幕を開ける。哲学と古生物学の権威である賢人、メリン老神父は古代アッシリア王国の遺物発掘に携わっている。

 砂塵吹き荒れるなか、メリン神父は遺跡に佇む異形の悪霊パズズ像と対峙する。巨大な翼、長い爪を持つ肢、丸く突き出た球根状の生殖器、兇悪な笑いに歪んだ口。かつてアフリカで悪魔祓いに挑んだ彼は、この悪霊との再戦を確信し、戦慄に身を震わす。問答無用の恐怖を予感させる、胸騒ぎのプロローグだ。

映画『エクソシスト』(1973) 写真提供:AFLO
 映画では具体的な説明はないが、小説のパズズは「南風の擬人化で、疾病と災厄をつかさどる」存在。メリン神父が手にする小さなパズズの頭像は、現地の古代人が「悪をもって悪を払う」ために利用した魔除けであり、本来パズズは異教の荒神なのだ。この解釈は善悪の対決構図を複雑化させた異色の続編『エクソシスト2』(1977年)の世界観にも通じている。

●映画版の鳥肌検査シーンに隠された、母親クリスの底知れぬ不安

 一方、アメリカのワシントンで映画を撮影中の有名女優、クリス・マクニールの屋敷では超常現象が続発していた。12歳の愛娘リーガンに異常な兆候が現れ始め、医者に見せても病状は好転せず、苛立ちがつのるばかり。

 小説では32歳に設定されたクリスは、まだ無名のコーラスガール時代に息子のジャミーを3歳で亡くしている。主治医が処方した新しい抗生物質の副作用による予期せぬ愛児の死。以来、医師への信頼は失われた。

映画『エクソシスト』(1973) 写真提供:AFLO
 度重なる精密検査に苦悶するリーガンを不安げに見守るクリス。少女の細い首に鋭い注射針が刺さり、赤い血がピュッと噴き出る。思わず目を伏せてしまう、映画版屈指の鳥肌シーンだが、小説に綴られた母親の痛みを重ねると、この場面に漂う不穏と動揺はいっそう色濃くなる。

次ページ

●娘リーガンの孤独、ハウディー船長とは一体、誰?

1ページ(全4ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv