クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

YOSHIKI「僕らはうぬぼれていた」 Toshlの洗脳、HIDEの死で気付かされた現実

映画

『WE ARE X』YOSHIKIインタビュー
『WE ARE X』YOSHIKIインタビュー 

 「乗り越えたわけじゃない。傷は一生消えない。でもこの映画で共存していく術を見つけたのかな」。YOSHIKIは、自身がリーダーとなり歩んできたバンドX JAPANの歴史を紐解くドキュメンタリー映画『WE ARE X』についてこう答えた。世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳…そして復活。結成30年を超えて、今なお熱狂と狂乱を生み出すロックバンドX JAPAN。そのリーダーとしてあまりにも壮絶な人生を体現するYOSHIKIに、なぜ映画を制作したのか、なぜここまで人生をファンとX JAPANに捧げるのか…。YOSHIKIにその思いを聞いた。

【関連】映画『WE ARE X』完成披露ジャパンプレミア<フォトギャラリー>

 「今、僕らX JAPANは進行形ということもあって、(映画を制作することで)人を助けることができるのではないか、生きる希望を与えることができるのではないか、という意見を聞くようになり、段々と(映画を)作ろうという考えに変わってきました」と、本作の制作経緯を明かしたYOSHIKI。20年以上前からドキュメンタリー制作の打診があり、ラストライブ含めX JAPANの映像は残してはいたものの、YOSHIKI自身、過去を映像として振り返ることができず「できない」と断っていたのだという。それが、X JAPANの再結成で考えに変化が生まれた。

 よくあるミュージックドキュメンタリーにはしたくなかったというYOSHIKI。「僕達の使命というか、これまでに経験したものがあったので、それを形にしようというところから始まったんです」と語る。本作を制作するうえで、YOSHIKIは過去について何度も話をしたという。「僕も最初はぎこちないというか、うまくしゃべれなくて…。聞かれたことについて黙ってしまい、中断したり…。なかなか核心にたどり着くことができなかったのですが、時間を掛けて何度も話をしました」。

 繰り返し取材を受けることで、「語りたくない気持ちをあえて話すことで、それを乗り越えられるんじゃないかと思うようになっていき、その過程が僕にとってのセラピーになり、浄化されるような気持ちになりました」と話す。「最終的には、過去への扉を全部開けてしまったんですけどね(笑)」と、茶目っ気たっぷりに答えた。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access