クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

永野芽郁、実母の「おめでとう」にもらい泣き 朝ドラ出演で“親孝行”

エンタメ

  • twitter
  • facebook

 松雪が演じる母・晴とのシーンが印象的だという永野は、本作への出演決定を実母に報告した時のことも明かしてくれた。「『今どこにいると思う?』って聞いたら、母はその日違う撮影に行っていると思っていたので、『あそこのスタジオでしょ?』みたいに言われて。『今、NHKにいるんだよね。今から会見なんだよね』って言ったら、何も喋らなくなっちゃって。『どうしたの?』って言ったら、泣きながら『おめでとう』と言われて、私もつられて泣くという…。親孝行できたかなって思える瞬間でした。すっごくうれしかった」。

 インタビュー中も笑顔が絶えない永野は、これまでに多くの女優が直面してきた“朝ドラの壁”は感じていないそう。「台本も北川(悦吏子)さんが早めに上げて見せてくださるので、あんまり苦労することはなく。皆さんが大変だって言う理由は、毎日やっているし、すごくわかるんですけど」としつつ、「今のところはまだ、明るく元気に頑張ってます」と白い歯を見せる。「(撮影が)もうあと7ヵ月ですよ!」と本作への深い愛情をのぞかせる永野は、どんな芝居でお茶の間を魅了していくのか。新しい朝の顔に注目だ。(取材・文:岸豊)

 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』は、4月2日より月曜から土曜8時放送。

2ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv