クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

『西郷どん』川路利良役・泉澤祐希 “子孫の方に頂いた資料”が参考に

エンタメ

『西郷どん』明治時代、西南戦争のキーパーソンとなる川路利良(泉澤祐希)
『西郷どん』明治時代、西南戦争のキーパーソンとなる川路利良(泉澤祐希)(C)NHK

 大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)は「革命編」に突入し、坂本龍馬(小栗旬)ら維新の礎を築くキーパーソンが続々と登場中だ。中でも川路利良(泉澤祐希)は、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)や大久保一蔵(利通/瑛太)に気に入られ、初代警察庁大警視に任じられた人物。大河ドラマ出演は3作目だが、「がっつりできて、うれしい」と喜びをにじませる泉澤に思いを聞いた。

【写真】泉澤祐希演じる川路利良、銃を構える<4枚>

 薩摩藩士だった川路は、生真面目な仕事ぶりや人柄が西郷に愛され、警察組織を任されるに至った男。「実は僕、川路さんを知らなかったんです」と正直に打ち明けた泉澤は、オファーを受け役を調べるうちに、この人物にすっかり魅了されたようだ。

 「正義感も強いですし、自分の信念をかなり持っている。実際、とても無口な方だったらしいんです。怖そうに見えますが、すごく優しく、人に怒ったことがないらしいとも聞いています」と、丹念に調べた川路像を熱弁する。

 だからこそ、演じるにあたっては「すごく責任感を覚えますし、やり甲斐のある役だなと感じています」とキュッと口を結ぶ。川路らしい立ち居振る舞いについては、「当時は人を斬れるような時代で、厳しい世の中だったと思うんです。目の力の入れ方には注意を払っています。あまり抜けているような芝居はしないように」と、泉澤自身が作り上げた川路に寄り添う。

 7月22日放送の第27回「禁門の変」では、川路が来島又兵衛(長州力)を討ち取る、いわゆる最初の見せ場も出てくる。スナイパーとして腕が立つ川路を演じる上では、銃の取り扱いがポイントになってくる。

 泉澤も、「物語が大きく動くところなので、大事に演じました。ほかの射撃をしている人たちと、ちょっとフォームが違うんです。普通は狙って撃つものですけど、川路は素早く照準を定められる。差別化するために、フォームを相談しつつ撮影していました」と、身振り手振りを交えた。

 史実によれば、本人は身長が180センチ以上あり大柄。一方、泉澤はというと小柄でスリムな体型。演じる上では、肉体的な課題も大きかったと振り返る。

 「周りの皆さんが大きいですし、横にいると僕が子供みたいに見えてしまう。これはあまりよろしくないなと思い、“鍛えたいです”と亮平さんに相談しました。今は一緒に筋トレに連れて行ってもらっているんです」と楽しそうに話した。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access