クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

『わたし、定時で帰ります。』プロデューサーが明かす、ヒロインへの思いと仕事観

エンタメ

『わたし、定時で帰ります。』第7話場面写真
『わたし、定時で帰ります。』第7話場面写真(C)TBS

 女優の吉高由里子が主演する火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)。「働き方改革関連法」が施行された平成から令和への移り変わりのタイミングに、“定時で帰る”ことをモットーとするヒロインや、さまざまな立場でそれぞれの“仕事観”を持った登場人物の姿が描かれ、毎回放送後には大きな反響が寄せられている。そんな本作の新井順子プロデューサーに、物語やヒロインへの思い、後半に向けての見どころなどを聞いた。

【写真】ストーリーが大きく動き出す『わたし、定時で帰ります。』第7話場面写真

 朱野帰子の同名小説を基にする本作は、過去のトラウマから“残業ゼロ、定時で帰る”をモットーとする32歳の独身OL・東山結衣(吉高)が、くせ者の同僚社員たちの抱えるさまざまなトラブルを解決していくさまを描く。

 今回のドラマは、これまで『アンナチュラル』や『中学聖日記』などを手掛けてきた新井プロデューサーにとって、初の「お仕事ドラマ」となる。「(原作は)タイトルからして今の時代を象徴していると思いました。特に大きな事件は起こらないのですが、日常のささいな出来事で人間ドラマが作れるなという印象でした」。

 当初は「定時に帰るなんて勇気いるな」とヒロインの結衣についても感じていたというが、取材を進めていくと、「定時で帰ることは当たり前の人も多いんだと目が覚める思い」だったという。「“テレビ局は特殊な世界だから”とか“分かってないな~”と言われるのは嫌だったので、新人やワーキングマザーなど、さまざまな立場の人に取材を重ねました」。


結衣(吉高)と晃太郎(向井)の関係にも変化が(C)TBS

 「結衣のような30を過ぎたくらいの年代は、上からは“下をなんとかしろ!”と言われ、下からは“あの上司なんとかしてください!”と言われる。どっちの気持ちも分かるし、どっちともうまくやりたい。中間で大変な年代なんです」と話す。結衣という人物を描くにあたっては、「定時に帰っていくのに嫌みがないようにしよう。あとはおせっかいになりすぎないように」気を付けたそう。

 そんなヒロインを演じる吉高は「“結衣=吉高”なんじゃないかというくらい、せりふを自分のものにして話している。アドリブも『え? 本当にそう思ってるの?』と吉高さんに聞きたくなるくらい、結衣としての言葉なのか、吉高さん自身がそう思って話しているのか分からないほど、ハマって演じてくれています」と太鼓判を押す。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access