クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

間宮祥太朗&渡辺大知、「演出:劇団ひとり」の“絶対的な安心感”を告白

エンタメ

ドラマ『べしゃり暮らし』間宮祥太朗&渡辺大知インタビューカット
ドラマ『べしゃり暮らし』間宮祥太朗&渡辺大知インタビューカット クランクイン!

 お笑い芸人の劇団ひとりが演出を務め、俳優の間宮祥太朗と渡辺大知が高校生漫才コンビに扮するドラマ『べしゃり暮らし』。劇中では台本があるものの、生々しい“アドリブ漫才”を披露している間宮と渡辺が「性分が似ている」と口をそろえた互いの印象や、演出を務める劇団ひとりへの信頼感を語った。

【写真】学ラン姿がカッコいい! 間宮祥太朗&渡辺大知インタビューカット

 青春マンガの巨匠・森田まさのりが描いた『べしゃり暮らし』をドラマ化した本作。間宮は、学校一笑いに貪欲な“学園の爆笑王”上妻圭右(あがつま・けいすけ)、渡辺は、高校生ながら元プロの芸人だったという実績を持つ転校生の辻本潤(つじもと・じゅん)を演じる。


 同じクラスになったことから“きそばAT(オートマティック)”という漫才コンビを組み、お笑いの世界に身を投じていく2人。間宮は漫才師という役柄に「自信と不安が入り混じったような感覚だった」とオファーを受けたときの率直な感想を述べるが、不安を取り除いてくれる一番大きな要因となったのが、演出を劇団ひとりが務めることだという。「お笑いの話を、お笑いを分かっている人が演出してくれるというのが、演じるうえでも、見ている人にも一番信ぴょう性があると思うんです」。
 
 間宮の意見に、渡辺も大きくうなずくと「やっぱり漫才を行うときの、空気感が大事だと思うんです。ひとりさんはそういった空気が染みついている人だと思うので、そんな方が見てアドバイスしていただけるのは、絶対的な安心感がありました」と撮影を振り返る。


 現場での劇団ひとりは「ものすごく臨機応変でした」と間宮は証言する。勢いで突っ走るところはライブ感を大切にし、難易度が高そうなところは何度も話し合いを重ねて撮影に臨む。「その緩急がすごく心地よくて、ひとりさんのバランス感覚のすごさを実感しました」と間宮は舌を巻いていた。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access