クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

伊藤沙莉、自分でかけた容姿の“呪い” 「少しずつ解けているのかな」

映画

映画『生理ちゃん』伊藤沙莉インタビューカット
映画『生理ちゃん』伊藤沙莉インタビューカット クランクイン!

 映画、ドラマへの出演が絶えない女優・伊藤沙莉。その内容も、主演から助演、インパクトを与えるコメディーリリーフ的なものまで、どんな立ち位置の役でもしっかり個性を発揮しつつ、物語を壊すことがない。そんな彼女が最新作『生理ちゃん』では、夢を諦めSNSで毒を吐き続けるフリーター・山本りほを演じている。「自分に呪いをかけ、そこに縛られて自信が持てないりほちゃんに強く共感してしまう」という伊藤に、自身にかけてしまっていた呪いについて聞いた。

【写真】柔らかい笑顔がかわいい! 伊藤沙莉インタビューフォト集

 第23回手塚治虫文化賞「短編賞」を受賞した小山健の大ヒットコミックを実写映画化した本作。突如現れるピンクの物体・生理ちゃんは、女性の都合も考えず、突然やってきては、さまざまな面で苦痛をもたらすものの、しっかりと女性に寄り添ってくれるある意味で心強い存在だ。


 生理ちゃんは、自分を卑下し、人をねたみ、毒を吐きまくるりほに対しても「自分に呪いをかけるのはやめたら?」と叱咤(しった)激励する。「あの言葉にはメチャクチャ共感しました。私も女性として、今まで確実に自分に呪いをかけていた部分があるので、りほを演じていて救われたんです」と伊藤は切り出す。

 具体的にどんな呪いをかけてしまっていたかを聞くと「う~ん、こんなこと言うと怒られそうですが、基本的には顔ですかね」と苦笑い。続けて「今回ご一緒した二階堂ふみちゃんも同い年なのですが、私と同世代で活躍している女優さんは、すごく多いんです。そんななか、自然と私のなかで、メインを張って真ん中に立つ人は、きれいじゃないといけないんじゃないのかなと思っていたところがあったんです」と胸の内を明かす。


 それは「子役時代から感じていたこと」だと伊藤は言う。「容姿だけで、視界に入れてもらえなかったこともあって、それが嫌だった私は、どうにかして注目してもらいたいと思って、悪目立ちしてしまう癖がついてしまったんです。普通にしゃべればいいのに、ついふざけてしまって、それが重荷になっていることもありました」。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access